調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

雨続きにおすすめの食材

2015.04.08

おはようございます、谷です。
ニュースでは、東京で雪が降っているそうですね。
ここ兵庫県でも気温が低く、雨の日が続いています。
梅雨の時もそうですが、湿気が多くなると体の中まで湿ってきます。

そんな時に、体の中から余分な水分を出してくれる食べ物をご紹介します。

 

小豆・粒そば・大根・乾物

小豆かぼちゃも美味しいですが、重くて食べにくいという方には、
長芋やセロリなど、さっぱりとしたお野菜と一緒に煮てもOK。
浮腫みがひどい時には、小豆だけを煮た煮汁を湯呑一杯飲みます。
 

粒そばの威力も絶大です。
粒そばは、実そばやそば米とも呼ばれていて、要はそば粉に引く前の粒の状態の物です。
自然食品店や道の駅などでも売られています。
すこし粘りのある雑穀なので、煮物に使ってもとろ~っとして美味しいですよ。
ふっくらする程度に炒ってから煮物やスープに使います。

炒ってからコトコトに煮だして、粒そば湯というお手当てドリンクもよく効きます。
こんなにも体内に水分が溜まっていたのか!?と驚くほど出ます。
しかし、効き目が強いので、常飲はしません。

先日のほっとフェスティバルで、
心月さんの経絡ヒーリングマッサージを受けた時に、
足が浮腫んでいる事を教えていただきました。
イベント続きでの疲れもあったかと思いますが、
水分代謝がうまく出来ていないな~と自覚もあり、
今日は、粒そば入りのお味噌汁を作りました。
作り方をご紹介します。
 

粒そばいりお味噌汁 4人分

【材料】
粒そば   大匙2
かぼちゃ  1/2カップ
なめこ   1袋
味噌    小匙2
昆布    2センチ

【作り方】
1.昆布出汁をひく。
2.粒そばをフライパンでふっくらとするまで炒る。
3.出汁に、粒そばを入れて15分煮る。
4.3.に、お好みの大きさに切ったかぼちゃ、洗ったなめこを加え5分ほど煮る。
5.味噌を出汁で溶き、4.に加えて1分ほど火を入れたら出来上がり。

野菜は何でもOKです。
大根と粒そばを使うと、より強い作用があります。

浮腫みが気になる方は、ぜひお試しください。
 

* * * * * * *

望診法基礎講座
6月スタート 受講生募集中

STEPⅠ「陰陽編」基本的な陰陽論、人体・症状別の陰陽の見極め方
STEPⅡ「五行編」五臓六腑の解剖生理、望診所見、五季との関連
STEPⅢ「望診法」人体の望診所見、陰陽別対処法

【 日時 】
〇水曜日クラス 10:00~15:00
STEPⅠ 6月3日 / STEPⅡ 6月17日 / STEPⅢ 7月1日

〇日曜日クラス 10:00~15:00
STEPⅠ 6月7日 / STEPⅡ 6月21日 / STEPⅢ 7月5日

詳しくは→こちらをご覧ください。