調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

夏のおすすめ☆ボイルドライス

2014.07.30

こんばんは、谷です。
先週あたりから夏真っ盛りですね。
暑い日が続き、食欲が落ちているときはご飯も食べにくくなりますが、
そんな日に、家族もよく食べてくれる玄米の食べ方をご紹介します。

 

【ボイルドライス】

<材料>
玄米   2合
塩    ひとつまみ
水    2Lぐらい

<作り方>
1.玄米をやさしく丁寧に洗い、ザルにあげる。

2.大鍋にたっぷりの湯(2Lぐらい)を沸かし、沸騰したら塩を加え、玄米をザッと加える。

3.パスタを湯がく要領で、玄米が対流している状態をキープしながら、25分間茹でる。

4.味見をして良ければ、ザルにあげて出来上がり。

※茹であがりの見分け方は、玄米の8割ほどの表皮が割れていたらOK。
歯ごたえのある食感です。
※湯がいたお湯も玄米の甘味が感じられる、栄養たっぷりのスープです。
飲んでみて美味しいと感じられた方はお楽しみください。
飲みにくいと感じられた方は無理して飲むのはやめておきましょう。

 

こうして湯がいた玄米は、パラパラとした食感であっさりとしています。
玄米も、炊き方で陰性にも陽性にも変化します。
ボイルドライスは、その中でも陰性な炊きあがりなので、夏向きの食べ方です。
男性も食べやすいようです。

 

アレンジ料理として、ライスサラダやチャーハンにするととっても美味しいです!

キャベツのまぜごはん

ライスサラダ

一味違う玄米の食べ方、是非お試しください♪

 

※ライスサラダは、8月3日(日)のレッスン「ホールフーズで作るごはんとおやつ」でも作ります。
まだお席のご用意が可能です。現在も募集中!

※玄米の洗い方は、動画でご覧いただけます。

 

兵庫県神戸市中央区熊内通6-3-12
● カフェ営業日:火・水・木曜日 11:30~16:00
(混んでいる時はカウンセリングを短縮し、ポイントのみお伝えする事もあります)
● 料理教室「ホールフーズで作るごはんとおやつ」:第2・4月曜日/第1・3日曜日