調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

切干大根のススメ

2013.03.04

こんにちは、癒食カウンセラーの大森まゆみです。
突然ですが、今日はみなさまに【切干大根】をお薦めしたいと思います。

以下の症状にお悩みの方は、
ぜひ【切干大根のお茶】を試してみて下さい。

○顎~口周り・フェイスラインにかけての吹き出物、肌荒れ
○おでこ・髪の生え際の吹き出物・肌荒れ
○テカリや化粧崩れが気になる方
○体臭・足のにおいなどが気になる方
○体の中でも、柔らかく脂肪が多い部分の皮膚トラブルがある方
○生理痛が重く、月経前になると下腹部が腫れてくる方
○月経前困難症:特に精神的なイライラや落ち込み
○花粉症・蓄膿症・鼻詰まり・鼻水・その他呼吸器系トラブル
○コレステロール値が気になる方
○便がゆるい・冷え症や低体温・風邪をよくひく・寒がり
○乳製品(ミルク・バター・チーズ・クリーム類)を好む方
○鶏肉や卵、動物性油脂を多く摂った方

特にフェイスラインにかけての吹き出物や体臭には、
一定期間飲み続けると、お悩み解消のきっかけになるかもしれません。
本当は春ですので、ヨモギや青汁などをお薦めしたいところなのですが、
上記のトラブルを抱えている方は、
特に春~夏(呼吸器系トラブルを有する人は晩夏~秋)にかけてが辛いと思います。
お手当て茶に加えて、「砂糖」「乳製品」「卵」を出来る限り控えるようにしてみて下さい。
今から始めると、3ヶ月先には体調に現れるサインは変化していると思います。

切干大根は、有機無農薬製法で天日干した良質な物がお薦めです。
市場には機械干しの物がほとんどで、それで【切干大根のお茶】を作ると…かなり不味いです。
今回ご紹介するのは国内産有機大根の天日干し製法の物ですので、味比べしてみるのも面白いかと思います。

【切干大根のお茶】

〈作り方〉
1.切干大根は袋から取り出して、全体をほぐす。
(固まっている状態では上手く出汁が引けず、エネルギーも陽性のままです)
2.ふたつかみ分ほど鍋に入れて、全体が浸かる程度~やや多めの水を加える。
(目安としては、切干大根1/2カップ:水1と1/2カップ)
3.弱火にかけ、15分ほど煮詰める。
(グラグラ煮立たせないこと。ゆっくり切干大根が動く程度の湯加減で)
4.器に出汁だけをとり、熱々で飲みます。

切干大根茶の出汁殻は基本的には食べません。
もったいないですが、『粕』を食べても得られるのは食物繊維だけ。
もったいない気持ちを、「エネルギーを一滴残さずスープにする」気持ちに変えて、
料理してみてください。
きっと出来上がりが違ってきます。

お味噌汁にする場合は、野菜と一緒に切干大根を煮込み、食べます。
当店の料理教室では、切干大根の戻し汁と刻んだ切干を使って作る炊き込みご飯が人気です。
甘くどっしりとした味わいは、天日干しならでは。

当店でも自然食品の取り扱いをしております。
ランチ営業中はお買い物のみのご来店も歓迎です!
火・水・木曜日 12:00~14:30

それでは皆様、お試しを♪

※切干大根は非常に陽性力の強い食材です。
陽性過多の症状がある場合や肝臓が弱っている場合は摂取を控えて下さい。
今回ご紹介したお手当て茶や味噌汁も、週に2回~始めて、常飲はしないで下さい。
飲み始めてから、甘い物や生野菜・果物などが欲しくなったら飲み過ぎのサインです。