調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

レシピ おかず5品

2013.08.26

続いて、おかずのレシピです。
一押しは【人参のナッツ和え】。
ナッツ好きの方には喜んで頂けると思います。

 

【ヒエのうなぎもどき】

ヒエは日本古来の雑穀でお米が渡来する前から主食として食べられていました。
アトピーや皮膚トラブルに見舞われた時にもお薦め。

〈材料〉
ヒエ   1/4カップ
木綿豆腐 1/2丁(水切りする)
長芋   50cc
米粉   大匙2
海苔   2枚
塩    ひとつまみ
揚げ油  適量

(たれ)
みりん  大匙2
醤油   大匙1
水    大匙1

〈作り方〉
1.ヒエを炊く。
粉ふるいや茶こしを使って丁寧に洗う。
鍋に1.3倍の水を沸騰させ、ひとつまみの塩とヒエを加え、木べらで混ぜながら強火で炊く。
なべ底が見えるようになれば、蓋をして極弱火で10分程炊く。
10分蒸らし、天地返しをする。
2.水切りした木綿豆腐は手で崩しながらすり鉢に入れ、すり潰す。
3.すりおろした長芋とヒエ、塩ひとつまみを 2.に加え、混ぜ合わせる。
4.海苔を8等分に切り、裏側に 3.を伸ばす。
5.180℃の油で揚げ、しっかりと油を切る。
6.鍋にたれの材料を入れて煮立たせ、刷毛で5.に塗ったら出来上がり。

ヒエは熱い間に混ぜ合わせる方が、混ざりやすいです。
たれは、葛粉でとろみを付けると、濃厚な仕上がりになります。

 

【カボチャサラダ】

〈材料〉
カボチャ 1/4個
キュウリ 1本
レーズン 大匙2
梅酢   小匙2

(ドレッシング)
白味噌  小匙2
豆乳   大匙1
レモン汁 小匙1/2
コショウ 少々

〈作り方〉
1.カボチャは一口大に切り、蒸篭で蒸す。
2.キュウリは薄めの輪切りにし、梅酢でもみ20分程おく。
3.ボウルにドレッシングの材料を入れて混ぜ合わせ、 1.と水を切った 2.とレーズンを加え混ぜて出来上がり。

 

【タカキビ・チリコンカン】

タカキビは「若返りの成分」とも言われるポリフェノールが豊富な雑穀です。

〈材料〉
タカキビ  1/4カップ
玉ネギ   1個
人参    1本
キャベツ  1カップ
シメジ   1株
トマト   1個
ニンニク  1片
ローリエ  1枚

(A)
菜種油   小匙1
クミン   小匙1/2
豆板醤   少々

(B)
ケチャップ 大匙1
醤油    小匙1
塩     少々
コショウ  少々

〈作り方〉
1.タカキビは玄米と同じように洗い、圧力鍋で炊く。
等倍の水と塩ひとつまみを加え、
強火にかけて圧力がかかったら極弱火で10分炊く。
10分蒸らし、天地返しする。
厚手の鍋で炊く場合は、沸騰してから極弱火で20分ぐらい炊き10分蒸らす。
2.ニンニクはみじん切り、玉ネギと人参、キャベツは荒いみじん切り、
トマトはざく切り、シメジは石づきを取って小房に分ける。
3.鍋に、(A)とニンニクを入れて弱火にかけ、
香りがたったら 2.の野菜とタカキビを加えて炒める。
4.全体が混ざり合ったら、具材が1/3浸かるぐらいの水とローリエを入れ、蓋をして中火にかける。
5.煮立ったら(B)を加え、10分程とろみがつくまで煮込む。

 

【人参のナッツ和え】

カロテン豊富で夏風邪予防に最適な人参は、
ナッツの植物性油脂と合わせることで吸収率が上がります。

〈材料〉
人参    2本
クルミ   大匙3
パンプキンシード 大匙2

(ドレッシング)
マスタード 小匙2
酢     大匙1
オリーブオイル 小匙1/2
塩     小匙1/4
コショウ  多め

〈作り方〉

1.人参は千切りにし、たっぷりのお湯でさっと茹でて冷ます。
2.ナッツ類は炒って、刻む。

3.ボウルでドレッシングの材料を混ぜ合わせ、1.と2.を和えて30分ほどなじませる。

 

【茹で野菜のサラダ 大根ドレッシング】

クツクツの火加減で優しく茹でた野菜は、肌に瑞々しい潤いを与えてくれます。
大根おろしでさっぱりと。

〈材料〉
季節の野菜

(ドレッシング)
大根おろし 1/2カップ
菜種油   大匙1
レモン汁  小匙1
塩     小匙1/4
コショウ  少々

〈作り方〉
1.野菜は食べやすい大きさに切り、たっぷりのお湯で茹で、盆ザルで冷ます。
2.器に彩り良く盛り付け、混ぜ合わせたドレッシングを添えたら出来上がり。

 

先週は、皮膚トラブルのお悩みをよく耳にしたので、
夏のお疲れが出ておられる方が多いのでは、と思い
雑穀を使ったおかずを二つ作りました。
少しハードルが高そうな雑穀ですが、意外と簡単にお料理できますので、
まだお使いになられたことがない方も、一度料理してみられてはいかがでしょうか?