調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

twitterでの癒食研究195~201:まとめと一言解説

2014.05.13

こんにちは、癒食カウンセラーの大森まゆみです~。
癒食研究のツイート、随分と滞ってしまいました><;
久しぶりに、1週間分のツイートに一言解説を添えてご紹介していきます!

 

癒食研究195:腰痛や肩凝りでお悩みの方は、お通じの状態を観察してください。便秘や下痢、ガスが溜まる、お腹が冷えている、腸に食べ物がパンパンに詰まっている状態だと、筋肉に痛みが出るようになります。肉より魚、貝類、植物性蛋白など、より消化しやすく軽い食事を。朝は温かい白湯が◎
➡「牛乳や珈琲を飲むと下痢するようにお通じが出る」という話を聞きますが、
「下痢」は、大腸が嘔吐しているような状態です。
腸に負担を強いています。
毎朝良いお通じを自然排便できるようになると良いですね^^

癒食研究196:人間は6割水分。水は振動(音)に反応し、光を反射し、空間を映し出し、停滞すれば澱みますが、汚れは沈下させ上澄みから少しずつ美しくさせようとします。
人間も、発する言葉・住む空間だけでも整えるだけで、表面から美しくなれます。中身を総ざらい浄化していくには食事です。
➡水は常に流れるもの。
流れ(氣)を停止している水(ペットボトルなどの水)よりは、
浄水器を通した「流水」をお薦めしています。

癒食研究197:焼いた小麦粉製品と乳製品を意識して減らすだけで、肌皮膚・粘膜の状態はかなり変わります。発酵食品やミネラルの補給は、日本由来の物が◎少なくとも2週間、1ヶ月抜くとかなり効果が実感できるはず。踵肘膝の乾燥、爪指先トラブル、喉や目の違和感、お通じの状態がマシになります。
➡ランチでの無料カウンセリング後、
毎日食べていらした粉もの(パン・麺類)と乳製品・珈琲を、1か月間控えられたお客様。
冬場から長らくお悩みだった肌や体幹のカサカサが消失し、
粉ものの代わりに、ご飯を「たらふく」食べられているそうですが、
2.5㎏、痩せられたそうです(体調も抜群だとのこと)!
体(内臓)って、本当に素直ですね…!

癒食研究198:花粉症でお悩みの方は、珈琲をタンポポ珈琲に、乳製品使用のスイーツは和菓子に、パン食はご飯に変えてみてください。鼻や喉には生姜湿布や温タオルで温めて気道を拡げて。下腹部や下半身を温めると上に昇った氣が循環し、下に降りて来ます。大根料理を一日一食召し上がってください。
➡毎年花粉症に悩まされる方は、今年の11月頃から出来るだけ乳製品を少なめに。
今から控えておくと、8月・9月頃の体調が整いやすくなりますよ。

癒食研究199:朝は1番排泄力が高まる時間。朝は食べ過ぎず温かい消化に良い物を、腹八分くらい頂きましょう。肝臓腎臓大腸の負担を軽くすると、排泄しやすくなります。冷たい物や極端に甘い・塩辛い物は内臓がびっくりするので控えめに。朝だけは、パンよりご飯、味噌汁、果物などが◎
➡朝ご飯が無秩序では、一日の食事が乱れるようになります。
手の込んだ料理は必要ありません。
炊き立てのご飯、良質な味噌を溶いただけのスープ、納豆や少量の果物などで十分です!

癒食研究200:肩凝りや腰痛は肝臓と大腸が関係し、解毒排泄が滞ると、汚れた血液が筋肉に炎症を起こさせ張っている状態です。
代謝に必要なビタミンやミネラル類を補給。生姜湿布や生姜オイルのマッサージ、大根湯や椎茸茶が◎右肩や腰痛の人は過食に注意!左肩は働き過ぎず休憩を!
➡右肩は肝臓、左肩は循環器、両肩は腸内環境の滞りを意味します。
生姜入り温浴や温タオルで循環を促して(特にふくらはぎ・足首・首・下腹部、目のあたり)、
冷たい水やお茶を温かいものに変えて、肩甲骨周辺のグルグル回しはこまめに。
少しずつ日常生活に取り入れてられるところから、自分を労わりましょう。

癒食研究201:圧力鍋で炊く玄米は、基本的には秋冬に向く陽性の食べ物です。少しずつ陽気が満ちてくるこれからは、もう少し軽やかな陰性の氣を取り入れるのが◎
麦類や発芽玄米、白米も◎炊いた玄米を蒸篭蒸しにしたり、炒飯にしたり、洗った玄米をボイルしたりetc…。ぱらりとした仕上がりが◎
➡押麦やハト麦をはじめ、雑穀類はご飯に混ぜずそのまま炊いてみましょう。
大概の穀物はきれいに洗って(粒が欠けない程度に)、およそ2倍量の水で、
蓋をして15分~25分も炊けばOK。
それぞれの穀物の持つ味や性質がよくわかります。
サラダに和えると彩が綺麗です^^♪

 

5月5日に「立夏」を迎え、季節はどんどん移り変わっていきます。
体の内側から取り組む紫外線対策、猛暑対策は、今頑張ると7月8月が楽になりますよ。
味噌汁のお味噌加減は、素材の味が分かる程度に。
漬物やチップス・煎餅類などの塩気、パンやクッキーなどの粉ものもお楽しみ程度に。
肉魚と食べ合わせる野菜料理にも一工夫を。
少しずつ、出来るとこからチャレンジしてみてくださいね^^☆