調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

twitterでの癒食研究127~133:まとめと一言解説

2013.05.27

こんにちは、癒食カウンセラーの大森まゆみです。
今日は1週間分のツイートに一言解説を添えてご紹介していきます。

癒食研究127:連休も終わり、今日からバリバリ仕事再開!という方も多いでしょう。身軽な行動力を呼び起こすには、力強くジャンプ50回!内臓を揺らすと、脳の血流も活性化してきますよ。お茶やお菓子も、一口で良いので50回ほど咀嚼して、脳に血流を送りましょう!
➡ゴールデンウィークで弾けた食生活が、5月中旬から後半になって不調として出現している方が多くいらっしゃいます。
特に「立夏」に入り心臓・小腸が活性化し始めたため、『陰性症状』が強く出ている人が多いようです。

癒食研究128:肉やお魚など動物性食品は、大根おろしや青菜、ドレッシングは控えめのサラダ、発酵食品(味噌汁や納豆etc)など、酵素が豊富な品を先に食べてから頂きましょう。消化吸収が促進され、さらに繊維質の多い海藻や根菜を足せば、早めに排出が促せます。パワフルさが必要な時に。
➡肉魚卵等の陽性が強い食品も、量とタイミングでは最高の薬になります。
動物性料理は食べ合わせ、食べ順が大切。
酵素と繊維質を多く摂り、排出を促しましょう。

癒食研究129:乳製品と砂糖は、男性性を阻害し男性の不妊を作る原因になります。やる気や向上心、具体的な実行力がなくなり、ストレス耐性が極端に弱くなります。これらは低血糖症と呼ばれる状態です。とにかく食事から、スイーツ(乳製品がメインの物)を減らすこと。缶コーヒーの飲み過ぎも×!
➡水は、本来自由に流れるもの(漂流のエネルギー)です。
動きを止められるペットボトルや缶など密閉さを嫌います。
出来るだけ自然に近い形で『液体』は摂る方が、心身の浄化力が維持できます。
また、砂糖や塩分の固形食は胃腸を傷めますが、過剰な糖分や塩分を液体で飲むと、腎臓や膀胱を傷めます。
膀胱炎や腎炎を繰り返したり、水分代謝が低下している人は、水の質と量に気をつけて下さい。

癒食研究130:アルコールの次の日には、濃いめの味噌汁(玄米味噌や、鰹出汁使用◎)梅干入りの雑炊、うどんより蕎麦、梅醤葛湯、ごま塩などがオススメ。おつまみに肉、塩気が強いものを大量に食べていれば、大根料理を中心に、デトックスしましょう。
➡『二日酔い』は極陰性状態です。
蕎麦(粒そば)の利尿作用がお薦めです。

※癒食研究131が抜けていたので、他のツイートでまかないます。
月に反射して太陽の光が降り注ぐ満月は、大気は陽性ですが地上の生物たちは陰性に、光が翳る新月は冬の大気と同様陰性に、その分地上の生物たちは陽性化していきます。
新月に近づくにつれて、食事では繊維質やミネラルを補給して、心身を「陽性」化し、排泄器官の働きを活性化させます。大気の状態にあわせて食事内容を変化させると、心身のバランスが整いやすくなりますよ。
➡月経不順の方は、ライフサイクルを月の満ち欠けに合わせて生活してみましょう。
新月~満月までを排卵から高温期、満月~新月までを月経開始~低温期と仮定します。
高温期には陰性な食材で加熱時間は短めに、低温期には陽性な食材で温かい料理を。

癒食研究132:珈琲は非常に陰性の強い飲み物です。熱帯地域で熱冷ましに飲むもの。体を冷やし、水分過剰な状態を招きます。浮腫み、水虫、冷え性、多汗、免疫の低下、貧血、焼いた小麦粉製品への欲求、塩気や肉への渇望などを引き起こします。これから暑くなる季節ですが、一日1、2杯を目安に。
➡珈琲の影響力は、様々なドリンクの中でも強烈な部類だと考えています。
珈琲を無意識・惰性で飲む行為は止めて、目的を持って、飲んでみましょう。
飲んだ後の体の変化やその後に欲しくなる食べものなど、意識してください。

癒食研究133:シミソバカス、日焼けなど肌のお悩みが急に増えて来ました。紫外線で肌に浮き出てきた油脂や砂糖が焼けると、茶黒く焦げ付きます。発熱し内臓に出来たシミは対応する部分にホクロとして出現します。砂糖、油脂、小麦粉製品を控え、美白効果の高いハトムギ、大根、発芽野菜の酵素を。
➡皮膚トラブルは身体に走る氣の流れ「経絡」上に現れます。
それらの意味や内臓の状態を読みとる『望診法』は、人相学や手相とも通じます。
気にかかる箇所の意味、調べてみると意外なことが解るかもしれませんよ?

最近は、いろんな方のご相談&報告ツイートが増えてきて、とても嬉しいです。
ある方は「(気になる記事を)何度も読み返しました。体調によって言葉の受け取り方がちがいます」とつぶやいておられました。
140文字の短い文面なので伝わりにくい部分が多いかと思います。
そんなツイート内容を受け取って、実践へ、さらには実践した感想を伝えて下さいました皆様、いつも本当にありがとうございます。
暑さ・湿気が増していく時季は、日本人が苦手とする季節です。
こういったツイートやメルマガなどが、少しでもお役に立てば嬉しいです。
皆さまどうぞ無理せず、養生なさってくださいね。