調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

6月3日のメールマガジン「感情の解放WORK」

2015.06.16

こんにちは、癒食カウンセラーの米澤万由美です。

前々回のメールマガジンでお伝えしました「感情の解放WORK」、
実践された方はいらっしゃいますか?

 

「感情解放の大切さ」
ここ最近はずっとずっと講義でもブログでも呼びかけ続けている私です。
それは誰よりも、今、私に必要なことだから。
人に発している言葉は、すべて自分の内(潜在意識)から自分(顕在意識)への声。
その認識のもと、今日もまた「感情」についてまとめました(;・∀・)

 

 

自分の中に不安・恐怖心・罪悪感・怒り・悲しみetc.
いろんな振動がくすぶって曇ったフィルターを通して観る世界は、
すべてがその対極にあるエネルギーで充満して見えています(陰陽バランス)。

 

例えば、
自分の中に不安があれば、
悲壮感漂う残虐で理不尽な不幸話や正義や常識を振りかざす情報ばかりが集まり、
怒りが隠れていれば、
何もかもが批判・否定・攻撃的な意見に感じて世界・人との関わりが怖くなり、
罪悪感と「罰」への欲求が、
誰かへの否定・批判・拒絶する言動と化し、わざわざ人に嫌われるように仕向けるんです。

 

経験と勘ですが、
厳格なマクロビオティックに嵌る人、
数値・科学的なデータや医学的根拠を欲する方の根は同じ。
私には、自分を殺そうと躍起になっているように見えます。

 

陰陽統合(中庸)の仕組みはシンプル。

不安・恐怖心・怒り・悲しみetc.
抑圧して来た感情を無理やりにでも爆発させるような事態を、
わざわざ引き起こしているんだとしたら、今、目の前の現象は鏡でしかありません”(-“”-)”

感情は振動。

ただグルグルモヤモヤワサワサして、
バーッと大きなスパイラルとなってに抜けていくだけです。

 

なので、
わざわざ大変な事件や状況を作り出さなくても、
怖い苦しい選択肢や情報ばかりを選ばなくっても、
自分の中に溜まって腐った振動を発散させてあげるだけで、
それだけで世界はとっても心地よく変わっていく(´▽`)ほんとだよ!

 

前々回のメールマガジン↓
ちょっと編集しました。
「子宮力」シリーズと合わせてお読みください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【1】振動を感じ切るWORK実践例

 

6月3日、本日は満月です。
新月から満月へ、月夜の輝きが満ちていく過程は、物事が始まり達成されていく様を表します。

 

6月に入って陽気が増すと、私たちの心身は毛穴も心も解放的となっていきますが、さらに満月の夜には月の引力がピークとなり、地上の生物には達成・完了・解放のエネルギーが働きます。
部屋の掃除や物事の整理、思考・感情の解放WORK、ボディスクラブやファスティングなど、「現象の浄化」に向く夜です。

 

地震や火山活動が活性化していますから、その地氣の真上で暮らしている私たち日本人も、常日頃抑圧しているストレスや衝動的な想いが、これまでの満月より表面化しやすい状態です。
ネガティブもポジティブも源泉は同じですから、満月の夜に浮かんでくる感情や欲求に、無理に蓋をしないように。

 

感情や欲求、感覚、思考の根本である「氣」(気持ち)は、
ただ素粒子が振動しているだけの現象(バイブレーション)です。
ザワザワとした心地もゆったりとした安寧な心地も、浮かんでくるがままに体で浸り感じ切る(この時、体に起きる現象としてムカムカしたり涙が出たり胃が痛くなったりします)と、やがてその振動の塊は、フッと消え行きます。
フッと氣の振動(不安や怒り、悲しみ、寂しさなど)が抜けた時、その振動の原因となっていた「問題」自体(喧嘩や誤解、欲望など)から、解放されるでしょう(どうでも良くなります)。

 

 

例えば、こんな感じで進めるイメージです。
実践前に、半身浴やストレッチ、温座カイロ・蒟蒻湿布、レッグウォーマーなどで、
下半身(骨盤内臓器)を温めておくとより効果的です。
就寝前やお昼寝時など、一人リラックスできる時間を設けてください。

 

1.気になっている体験を思い出す
(ふと思い出した事にフォーカスしていく)

 

2.腹の底(下腹部辺りから)辺りで、
モヤモヤ・ザワザワした心地(感情になる前の「情動」)が湧くのを感じる

 

3.情動に合わせて頭の中で言葉が生まれる
「腹が立つ」「ムカつく」「悔しい」「悲しい」「怖い」etc.
同時に、「そんなこと思ってはいけない」「私にも責任があったんだから」など、
自分の感情を制御する自制心が生まれ、両者が打ち消し合おうとするのをただ感じる。

 

4.言葉がグルグル駆け巡りつつも、それらは放置
大事なのは、腹の心地。
感覚(熱い・冷え・グルグル・キュウッ・痛み・緊張など)へ意識を集中。
☆この時、意識が脳みそ(言葉)に集中しそうな場合は、
下腹部(膣内や腸)マッサージや足指を屈伸させながら、血流を下半身に戻す。

 

5.腹の底から喉元あたりまで、振動が昇ってくるのを感じる
(下腹部⇒みぞおち辺り⇒両側腹部や背中側⇒喉元⇒頭のような順、
スパイラル様に大きくなっていくイメージ)

 

6.この時に出て来る身体の状態に身を任せる
(胃が縮み込む、口が渇く、息が苦しい、etc.
叫びたくなったら枕を当てながら叫んでも◎枕をボカスカ殴っても◎)

 

7.頭まで振動が昇っていったら、最後に浮かび上がる妄想を味わう
(妄想=脳細胞の振動、なので安心して、
思う存分一番最悪だと思われる状況をリアルに想像して悶えてください)

 

8.フッと振動が抜けるのを感じる
(身体の筋緊張がマックスになり、やがて起きる脱力の状態)

 

9.深い息をつき、脱力する
本当に振動が抜けきっていたら、自然とため息が出ます。
体の中で一番緊張や痛みが出た臓器(部位)に手を当て、話しかける。

 

10.終わり

 

このWORK、

主役は、体です。(言葉に出来ない感覚)

 

なので、「呼吸を深くしなければ」と体をコントロールしたり、
「このモヤモヤは『寂しさ』だろうか?」など、
思考を働かせるのは、体にとっては余計なお世話ですから放ってください。
思考したくなるほど、その感情はあなたの「本質」であり、
そこからの危機回避反応なのかもしれません。

どうか焦らず、気長に入り浸って仲良くしてください(;´∀`)

 

このWORKで、体のある部分が痛くなったり、
全身に筋肉痛のような不快感が起きた時は、
それくらい日頃は体(心)の緊張を「麻痺させていた」ということです。
明日からよく温め揉みほぐし、自分の体・臓器を労わってあげてください。

 

体の奥底に溜め混んでいたエネルギーを排出させやすい満月の夜ですから、
「自分の体(神様)と仲良しになる」第一歩として、
お試しになってみてはいかがでしょうか?
きっと明日から、入って来るエネルギーの質が変わります♪

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

この振動解放WORKを重ねると、
身体の「筒」としての機能が向上し、便通・姿勢や発声の改善につながります。
(丹田の力が出て来る)

好き・嫌い、快・不快の感覚も冴えて来ます。
人体の排出機能向上が、エネルギー循環としての収入UPにつながっていきますよ~♪

 

夏至に近づくにつれて、体と心はどんどん解放されていきます。
その上、新月・満月は自分の内なる声が響きやすいですから、満月の時だけでなく、
今夜もどうぞ、お試しくださいませ♡

 

次回は、
私自身の感情の解放過程を、まとめてみたいと思います(;´∀`)

□メールマガジン配信ご希望の方はコチラから