調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

骨格の表すもの①体質ってなに?

2016.02.02

こんにちは、癒食カウンセラーの米澤万由美です。

 

 

最初は吐きそうだった自撮りにも慣れて来ました。
どんな角度から撮ったら綺麗だろう?新しいチーク良いな♡とか、
自分愛が増しています。
自撮りって、自己肯定(自愛)の基本ですね(´ー`)

 

さて、今日の本題です。

 

「体質改善」ってよく耳にしますが、「体質」ってなんでしょう?どこに現れるもの?

 

「体質」とは(以下コトバンクより抜粋)。
1 からだの性質。遺伝的素因と環境要因との相互作用によって形成される、個々人の総合的な性質。「風邪をひきやすい体質」「特異体質」
2 団体・組織などがもつ、性質や特徴。「日本人の体質に合わない思想」

 

マクロビオティックを始めて長らく、私は「体質改善」を目標に頑張っていました。
生理痛や冷えが改善し当初は良いこと尽くしだったのですが、いつの間にか、マクロビオティックらしい食事(お菓子禁止とか肉食制限etc)を続けることが苦しくなっていました。
ちょっとでも食べたら、元の私に戻っちゃう!みたいな(;・∀・)

 

なぜなら、私にとって「体質改善」とは、
「親から受け継いだもの」と「今居る環境に適応した」結果の、
「今の私」を無意識に否定していて、
本に書いてあるような「理想の健康状態」を目指していながら、
自分の具体的なゴールは解らず、同じところをグルグル回っているように感じていたのです。
例えば「風邪をひかない」、がゴールだとしたら「風邪をひいたら振り出しに戻る」、という感覚でした。(健康=病気の否定、という認識です。「病気」が体からのメッセージだなんて、思ってもいなかった)

 

その、過去の経験を踏まえて。

 

周囲の人と比べて「冷えやすい」とか「風邪をひきやすい」、果ては「妊娠しにくい」とか、
すごく陰性、すごく陽性、とか、
あの人は出来ているのに自分は出来ない、自分には気力体力が、免疫が、根気が、「ない」。
そんな、ひとと自分を比較してデメリットばかりに注目した「マイナスの体質」、ではなく、
「なにを親から受け継いだのか」、「何を得ているのか」、「自分にあるもの」、を明らめる。
人と同じレベルに合わせるための体質改善ではなく、
自分の体質に合わせたライフスタイルの構築。
それが、自己肯定した結果の「体質改善」ではないかと、今は思います。

 

では、体質とはなんなのか?

 

それは、「元気」、です。

 

東洋医学では「元気」は、親から貰った「元気」と出生後の飲食によって得る「元気」に分けて考えます。
※ここで言う「元気」とは、「ファイト~いっぱあつ!!」な気合ではなく、フラット自然体な、「素」の状態を指す、「元気」です。

親から貰った元気は「先天の氣」(遺伝的要因)、出生後に得る元気は「後天の氣」(環境的要因)と呼ばれ、
先天と後天、二つの氣によって、冒頭で引用したような個人の総合的な性質、「体質」(元気)が成り立ちます。

 

 

親から受け継いだ先天の氣は、「腎氣」(第一チャクラ)としてストックされ、体質(元気)の土台となり、
女性は7年、男性は8年ごとに消耗し、成長するに従い「後天の氣」によってカバーされます。

この、親から受け継いだエネルギーを蓄える「腎」の機能と、その影響下にある各器官を見ると、貰った質の程度がおおよそ把握できます。

 

腎が主に支配する人体の器官は、
臓器としての腎機能・生殖器(性ホルモンや副腎ホルモン)・骨・神経・歯・耳(聴覚や平衡感覚など)・頭髪。

 

これらに生まれつきトラブルが生じているようなら、持って生まれた「元気」はナチュラルに半分なんです。
ならば、より良質な後天の氣でカバーする必要があるし、
人より半分の「気力」は本当に貴重で、その使い道は、かなり慎重に選ぶ必要があります。
「普通の人と同じように」と、思う必要がないんです(半分しかないんだから普通と同じようにやってたらめっちゃ消耗します)。

 

また、若いうちから気力体力を消耗し過ぎてしまったら、後天的にもこれらのトラブルをきたします。
(解り易いものなら内膜症や筋腫、男性なら勃起不全や無精子、メニエル病や難聴、若白髪・脱毛、歯のトラブルなど)
こういった場合も、ストックは「半分」になっているので、残りの使い道はより慎重に。
元々あった先天のストックを半分まで消耗し切ってしまっているので、「現状」を見直す必要も大いにあります。

 

「半分しかない」、んじゃないですよ~!
より自分の好きな物・好きなことにだけ没頭し、
周囲のサポート(助けさせてあげる)を喰って、エネルギーを大循環させる仕掛け人だと、考えてみてください。

 

先天の氣が少ない方々は必ずサポート(飲食だけでない後天の氣)が受けられる陰陽宇宙の仕組みになっているので、
自分好みのサポートをより具体的にイメージし、言い放ち、受け取り上手になって頂きたいな、と思います(*^^)♡
それだけ、自分を極めることは大変かもしれません。
ですがそれが、半分の方の、「適応」です。
(もちろん「元気」な方も自分極めは重要ですが、腎氣が消耗している方は恐怖心から「普通の人」を目指しがちなので、よりその重大さを語っています)

 

生まれ持った性質は、なかなか簡単には変えられないものです。
皮膚や肌艶、粘膜、肉付きなどは、食事や睡眠など短期間で変化しやすいものですが、
人体の中で最も変えにくい(外科的処置が必要で治療も長期化する)のは、「骨」や「神経系」でしょう。

 

なので、カウンセリングではまず顔や体全体の骨格(身長や左右差)、
手を拝見した時は指先の長短、「骨太」か「華奢」か、というように、

 

 

骨格でその方の「体質」、元気の土台を把握しています。

 

では、私や尚子さんの手の写真を見てもらいますね(・∀・)
長くなったので次に続きます~。

 

 

 

* * * * お知らせ * * *

 

【メールマガジン】
心と体をホッと癒す食情報、季節に合わせた暮らし方など、毎月新月に配信しています。
ご登録はコチラから→http://www.credoland.jp/mail_magazine/

 

【勝手にキレイになる骨盤講座&ランチ会】


整体とトレーニングのお店ここのは 立腰姿勢トレーナー藤本彩×癒食カウンセラー米澤万由美

日時 3月12日(土)10:00~13:30
場所 兵庫県三木市別所町花尻62-7

 

【望診法基礎講座】
顔・体に現れる内臓と氣の状態、症状の陰陽など、望診の基本的な考え方を学ぶコースです。

日時 3月27日(日)開講 全3回
場所 株式会社 神戸サンセンタープラザ

 

 

【望診法マスターコース】

体に現れる所見を、潜在意識からのメッセージとして読み解く方法を学びます。
望診で得た内臓からのメッセージをライフスタイルに直結させるコツなど、
カウンセリングの実践を通して体験する講座です。

日時 6月26日(日)開講 全5回
場所 株式会社 神戸サンセンタープラザ