調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

頬の吹き出物と呼吸器の関係

2016.12.06

 

頬にでっかい吹き出物ができました。

ちょうど左頬骨の上。

全体的に硬く膨張し、発赤、押すと痛みがあります。

 

img_20161206_121106

 

お見苦しい写真をすみません(=_=)

出来てから2日ほど、お風呂上りに生姜汁を塗布して芯が出現、

今は治りかけの状態です。

 

このように、体のどこかに痛みや痒みなど「目立つ」「気になる」症状が出現する時、

体から「こらーっ<(`^´)>」と言われている気分。

「すんませんでしたーッ!!」と平謝りです・・・自分に。

 

今回のコレ、リンク先は呼吸器。

鼻孔付近なら上気道(喉や扁桃腺)の炎症などが懸念されますが、今回は頬骨の真上。

 

望診顔

 

思い出せば日曜日、講座が終わった夜に出現しています。

講座後、すごくおっぱいが張って硬くなってしまったのです。

いつもは帰宅して息子に飲んでもらったら治まるのに、

まずかったのか授乳拒否(泣)

そんなに張っていない右側しか飲んでくれず。

左のおっぱいはカンカンに張って、

夜中しぶしぶ自分で絞って、キャベツ湿布を仕込んで寝た夜でした。

(呼吸器の真上の乳房は、肺を寒さから護る脂肪です。

なので、乳房も呼吸器の影響下にある器官だと考えます。母乳は胃)

左頬の硬い脂っぽい吹き出物-左のおっぱいの硬結

つながってるなあとしみじみしました(:_;)

おっぱいが硬くなった原因も、食・睡眠・体温etc.

思い当たる節はいろいろありますが、

その前二日ほど、ゆっくりトイレできてなかったんですよね。

大腸の詰まりが、呼吸器に逆流しちゃったんかも。

 

%e6%96%b0%e8%a6%8f%e3%83%89%e3%82%ad%e3%83%a5%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%88-2_1

 

吹き出物は、「肌のうんこ」。

お肌(皮膚)は、第二の肛門。

・・・衝撃の事実(;’∀’)

本来下から出すべき物が上に溢れ返って、皮膚がなんとか排出してくれる。

それを知ってからは、吹き出物を見るたび、

「あー・・・ちゃんとうんこ出してくれてる!」

「ありがたい、ごめんねえ(;´Д`)」

「ちゃんと下(便尿汗)から出すね」

と、思うのです。

 

%e6%96%b0%e8%a6%8f%e3%83%89%e3%82%ad%e3%83%a5%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%88-2_2

 

肌のターンオーバー。

せっかく表皮細胞が角質化して汚れや細菌から護ってくれているのに、

内側から敵(過剰な皮脂、弱い新表皮細胞など)を出現させるのは、

私。

体は、いつも護ってくれている。出してくれている。

感謝。

 

吹き出物があっても、乾燥肌でも、くすんでても、

私は私の顔を

「綺麗だなぁ~」「好きやわぁ~」って本心で思うし、

実際、鏡に向かって言ってます(笑)

最強の美容液だと思うのですよ。

肌がピンッと反応してくれます。目も大きくなりますよ、ほんとに(*‘∀‘)

 

 

* * * * お知らせ * * * *

 

【Facebook】
「いいね!」お願いします♪

 

【メールマガジン】
新月の日に配信しています。

 

【望診セッション】
電話・対面セッションで心と体の意図を知る。
後日、体質に合わせたお手当レシピとアドバイスシートを郵送いたします。

 

【美脈をひらくお茶会】

53467765

顔から見る体・内臓のサインを人相学と家相につなげ、
個人の内側から外見・お部屋まで、「美しさ」をパワーアップさせるお茶会♪

残席1名様です

【日 時】2016年12月21日(水)14:00~16:00
【場 所】神戸・元町 香港甜品店 甜蜜蜜【参加費】4,000円(スイーツセットの料金を含みます)
【申込み】お問い合わせフォームからお申込みください。

&nbsp