調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

近況:キャベツ湿布の薦めと梅雨の食事ポイント

2016.05.30

おはようございます、
愛とお金と美の循環体質を作る、マクロビオティックカウンセラー米澤万由美です。

 

息子は9か月になりました☀
得意満面につかまり立ちや、高速ハイハイを披露してくれます。
とにかく食べっぷりが良くて、ごはんと私に対して「マンマンマンマン!!」と言っているので、
彼の中では「ごはん=ママ(私)=食べ物」なのかもしれません(^_^;)

 

ごはん=美味しい&楽しい&好き&安心
で、「ごはん=ママ」、なら、とても光栄だな~。

 

ストレスが溜まったり、
心の隙間を埋めるために満腹になろうとしていた心理って、
こういうことなのかもなあって、今、書きながら想いました。
「ごはん=幸せで心が暖かい体験」って、脳に記憶されているのかもしれません(*^_^*)

 

 

最近、日中はほんとに暑いですね。
暑い上に頭をフル回転させてると、余計脳みそがオーバーヒートしてしまいます。
パソコンの前で頭を火照らせている私に、
尚子さんがそ・・・っとのっけてくれました。

 

「キャベツ湿布」

 

ウケたー・・・
思いのほかキャベツが似合いすぎて、二人で爆笑しました。

 

西洋の鎧兜?に、こんなんありましたよね。

 

特に前頭部は火照っていて、
茹でキャベツのようにしおれてしまいました。

 

キャベツの外側の葉っぱは、火照ったり、違和感や痒みがあったり、
炎症を起こしている箇所に当てると、
余分な熱や毒素を吸い取り、症状を適度に和らげてくれます。
吸ったら「クタッ」となるので、症状が落ち着くまで何度か取り替えます。

キャベツ湿布は患部を冷やし過ぎず、
「なんかちょうどいい♪」感じに仕上げてくれるのがポイントです。

 

喉からくる風邪の初期、生姜オイルで喉をマッサージしてキャベツを巻いて寝ると、一晩でスッキリ回復します。
乳腺炎一歩手前!?という時にもおっぱいに巻いて、熱を吸って助けてもらいました。
火傷や切り傷も、絆創膏やガーゼの上からキャベツを当てておくだけでも、治りが違うようです。
看護師時代、足が疲れてパンパンの時も、よく巻いて寝てましたね。
考えすぎて頭が重くなったり、思考が止まらず眠れない夜、暑い日に火照ってる時にも、頭に被ったら良いです。
(頭にキャベツ被ってる自分を眺めるだけで悩みがバカバカしくなり、気持ちも切り替わる・・・)

 

いろんな使い道があるので、キャベツの外葉は捨てずに置いとくと、便利です(*^_^*)

 

これから梅雨に向けて、じっとり蒸し暑い日が続くようですね。
日中は暑いけど夜間と朝方は冷える、という不安定な気候で、
脾系(胃・膵臓・脾臓)と大腸・腎系は特に意識したい臓器です。
梅雨の時期って、
「暑い暑い」と言いながらも、体の中は、冷えている方が多いんですよ。
日中は生サラダや冷たい麺類でも、
夜は炒め煮・煮込み・炊き合わせなど、消化管や排泄臓器を温めましょう。
お肉なんかも、夏野菜と一緒に味噌や醤油で煮込んで柔らかく仕上げるように。
食欲が湧かない時は、熱い葛湯や甘い野菜のポタージュで胃腸をほぐしてください。

 

【甘い野菜のポタージュ】
脾系の代表的お手当「甘い野菜のスープ」のポタージュ版です。

1.玉ねぎ・キャベツ・南瓜・人参を一口大に切る
2.鍋の中に玉ねぎ・キャベツ・南瓜・人参、の順に重ねる
人参の上に、適当に味噌をちぎり並べる
3.野菜がかぶる程度の水で、柔らかくなるまで煮る
4.ブレンダーで全体を撹拌し、最後に豆乳を加える

 

雑穀、葛きりや春雨、切干大根や干し椎茸、豆類、海草類、などの保存食も、
体内に天日☀を吸収させて梅雨の湿気を払うイメージでどんどん料理しましょう。
切干大根茶、意外と美味しいと感じるはずです(味噌汁の出汁にしても〇)。
人参大根ドリンクや雪鍋を食べてお腹の中を掃除しておくと、
血液の浄化を担う肝臓を助け、夏に向けて体の内側から「衣替え」しやすくなると思います。

 

梅雨から真夏にかけては意外と生殖器系の不調も現れやすいので、
ウエスト・足首足裏・ふくらはぎを温め、動かすよう意識して。
腰湯・おまたカイロなどで骨盤周辺の血流を温めるのも、お薦めです。

 

これら梅雨の冷え対策は、
真夏の「冷えすぎ体質」をも防げます。
梅雨を上手に乗り切れると、夏を過ごしやすい体調に整いますよ。

 

 

* * * * お知らせ * * * *

 

【credo】のFacebookページはこちら→「いいね!」お願いします(*^▽^*)

 

【メールマガジン】
心と体をホッと癒す食情報、季節に合わせた暮らし方など、毎月新月に配信しています。
メールマガジン登録

 

【体話セッション】
神戸三宮 毎月第3土曜日 
(三木市では日時応相談)
電話・LINEでのセッションも受け付け中

 

【望診法マスターコース】

望診で得た内臓からのメッセージをライフスタイルに直結させるコツなど、カウンセリングの実践を通して体験する講座です。
日時 6月26日(日)開講 全6回
場所 株式会社 神戸サンセンタープラザ