調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

素晴らしいお米との出会い!

2011.07.03

素晴らしいお米と出会いました

今回、今お野菜を仕入れさせてもらっている神戸市在住森のさんからのご紹介で、加古郡稲美町の繁田さんという方にお会いしてきました。

『稲美町(いなみ)』という町名からも想像できるように、きれいな新緑の水田の広がる町で、繁田さんは繁田糀味噌醸造所として、創業以来90年を誇る伝統的な味噌づくりをされています。

http://inami-makers.net/sigetamiso/#item67

糀づくりの要となる原材料であるお米を厳選された結果、『縄文米(品名:金南風)』という品種を「不耕起栽培」(田んぼを耕さず、農薬・除草剤を使用せず、植物性肥料のみで育成、全て田植え・除草・刈り取り・選別は全て手作業)で育てられており、米の品質を維持するためにもみ殻が付いた状態で出荷直前まで保存されています。

人の手は最低限だけにし、稲本来の生命力で育てられたそのお米は、一粒一粒がとても大きく、力強い存在感に満ち溢れています!

保存も良いため、初めて手にとった時はその粒の瑞々しさに目を見張りました。

炊いてお茶碗に盛った印象は、まるでお米たちが「ごはんだよー!!」と胸を張っているようです(本気)

味は淡白ですがしっかりしており、もちもちした食感は「こしひかり」に近いですが、もっと・・・かなり力強い感じ!「美味しい・・・」を超えて、なんか有難かったです。

とにかく、日々玄米を食べている私たちでも驚くぐらい「玄米ごはん」に適したお米です。

そして、そんなお米を育てられている繁田さんご一家も、お若いのに(?)本当に実直で素敵な方々でした。

今後も詳しくHPやブログにご紹介していけたらと思います。

また、ご紹介頂いた森のさんにも感謝です!

感謝の気持ちと畏敬の気持ちを込めて。

今後のお弁当やカフェの「ごはん」、期待していてくださいね