調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

盛り上がりました、お手当教室。

2015.09.20

おはようございます、桃津由見子です(^-^)
先日、稲美町でお手当教室をさせて頂きました。

6月の「梅雨時期のむくみ」から始まり、7月は「熱中症対策」、
8月は「夏バテと自律神経」のお話でした。

皆さんにその後、何か実践されたり、変化があったことなどを伺ったところ、

・中学生のお子さんが毎年夏場に部活で熱中症になりやすかったが、
 今年は『経口補水液』を予め飲んでから出かけられて熱中症を予防できたこと、

・8月の教室で外用お手当の『味噌パスター』を体験頂いた際、
 その日や長い方ではその翌日にかけてお通じがたくさん出ました、

などと体験談をお聞きして、私たちも嬉しくなりました。
 

そういう私も便意も便秘している自覚もなかったのに、
8月に新神戸の教室で味噌パスターを当ててみると数秒でお腹が動いて、
『あれ?結構お腹に溜まってた(゜▽゜)!?』と微かに便意を感じだして、
その日帰宅後すぐにお通じありましたΣ(゜ロ゜ノ)ノ

今月は「低血糖症」が中心のテーマで、
私自身の実例を挙げてたくさん笑いもあり、おかげさまで楽しい教室になりました。

具体的には、パニックや不安感、神経症状、食後に血糖値が低かったこと、
低血糖症であろう食生活と自覚症状、望診法やクレドとの出会い など
そういえばある日神経症状が落ち着いてきた時に、
「何だー、お腹が空いているだけかー」と感じたことや、
放課後の部活前にお菓子やパンなどを食べないと夕飯までもたなかったことも思い出しました。
 

●食生活(ピーク時の例)
7時に朝食 目玉焼き、トーストにはちみつを付けて、牛乳やスキムミルク
 ↓ 
10時にはカフェでケーキセット、パンの買い食いなど[陰性、甘味]
 ↓ 
昼食は12時前後にハンバーグやパスタ、ピラフ、中華等[陽性、塩味]
 ↓ 
午後はカフェのはしご(ひどいときは2、3件)[陰性、甘味]
 ↓ 
19時頃夕食
 

●この食生活時期の症状
昼間一人でいるのが不安、
冷えのぼせ(更年期ってこんな感じなのかなぁというような時もあり)、
生理不順(生理がほとんど2か月に1回) など
 

ちょうどこの食生活をしていた時期、いつものようにカフェ巡りをしていた際、
東洋医学や食養生に出会い、
一目私を見てピッタリの漢方薬を言い当てられ、
逆を返せば上記の自覚症状を初対面で
挨拶以外何も話さないうちに見抜かれた『望診法』に衝撃と感動を覚えました!!!

できる範囲で食養生を実践して1か月くらい経った頃に気づけば、
午後からカフェのはしごをしなくとも夕食までもつ日がちらほらできるまでになりました。
この間食なしで大丈夫な日は強烈な空腹感や不安感がなく、
ほどよく満たされて、
どっしりと安心感があり、
本当に快適で穏やかな心地でした。

 

クレド、谷、米澤に出会い初めて「低血糖症」を知りました。
もちろん望診により私の体質と体調も見抜かれました(^_^;)
 

低血糖症はいろんな症状があるそうです。
これといって薬も治療のしようもないし、
なぜだかわからないけど何となく、
自分て性格に問題がある?、
これってうつ?、
クヨクヨする、訳もなく不安、自分はいつ元気なのかわからない・・・
等など原因のない不調は、
もしかしたら低血糖対策をすることで緩和されるきっかけになるかもしれません。
 

またお時間合いましたら、教室のぞいてやってください!(^^)!

 

お手当教室 10月10日(土)三木市で開催いたします。

第一部 10:00~12:00 低血糖症改善セミナー
~ 低血糖症をやわらげ、環境への適応力を取り戻す ~

第二部 13:00~15:00 体内の潤い補給で乾燥対策
~ 乾燥肌、秋風邪、便秘、センチメンタル ~

第一部だけ、もしくは第二部だけというお申込みもOKです。

受講料 各回 3,000円(税込)
場 所 Salon de Fooran ~サロン・ド・フーラン~ セミナールーム
住 所 三木市緑が丘町本町1-2-2

※ 第一部と第二部を通してのご参加の場合、マクロビオティックのランチボックスをご用意いたします。
お申込みをお待ちしています。