調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

生姜湿布について:プライベートレッスンの一幕

2012.08.22

個人の体質改善や持病治療の一環として行うプライベートレッスンでは、
その方の状態やレッスン目的に合わせて、毎回内容やスケジュールを決めて実践しています。

このレッスンは食事や講義だけでなく、外側から臓器へのアプローチとして、
生姜湿布を行うこともあります。

生姜湿布は、ゴルフボール1個分のおろし生姜をパックに入れてお湯で抽出し、
そのお湯に浸したタオルを患部に当て、血の巡りを良くする基礎的な自然療法の一つです。

肩こりや冷えにはとても有効で、一気に体が芯から温まります。
色々な症例(癌やその他炎症性疾患など)に幅広く実践されていますが、
かなり陰性のお手当て法になるので、当店では適応例をかなり絞って行っています。
(急性炎症性疾患…例えばぎっくり腰に実施してしまうと、さらに腰が抜け(陰性化)てしまいますが、慢性状態で血の滞りがある場合は有効など、TPOがあるのです)

実際に施術してみると、やはり血の巡りが良く正常な箇所はすぐに皮膚が赤くなりますが、
滞りがある部位は中々赤くなりません。
同じ部位でも左右差が出たり、赤くなった部分にもまだらに冷たい箇所が残っている場合もあります。
その冷たい、赤くならない場所にある臓器が『病巣』の目安です。

やってもらうと解りますが、これ、すっごく気持ち良いんですよ~♪
じっくりと芯から温まり…そしてある一点からドバドバッと汗をかき始めます。
実践前後にお手当てドリンクを飲むとさらに効果的!
水もしっかり飲んで、デトックスを促します。
湿布中は経絡マッサージも行いますよ~。
施術後は尿が多量に出たり(浮腫みや冷えの軽減)、
息の通りが良くなったり、
痛みが軽くなったり…、色々な変化が現れるんです!

生姜湿布の他に塩湿布、青菜湿布、里芋(じゃが芋)湿布、蒟蒻湿布etc.
様々な種類のアプローチ法があり、症状に合わせて、施術する部位の順番もあります。

ご興味のある方は、ぜひ一度プライベートレッスン前の無料相談にお越しください。
心よりお待ちしております。