調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

玄土のこだわり その1 「玄米」

2011.08.18

玄土が毎日炊いているごはんは玄米です。

CredoLandー玄土ランド

今回は、その玄米の仕入れ先をご紹介させて頂きます

兵庫県稲美町で「縄文米(金南風)という品種のお米を、
「不耕起栽培」で育てている繁田善彦さんです。

CredoLandー玄土ランド

繁田さんの田んぼは

12年間、農薬・除草剤不使用


田植え~刈り取りまですべて手作業で行われています。

CredoLandー玄土ランド

刈り取った雑草はそのまま植物性堆肥となり
虫よけとなり・・・すべての生命が循環しています。

収穫されたお米の保存にも気を遣われています。

もみ殻をつけたまま保存し
出荷直前に脱穀、肉眼手作業で
取り残したもみ殻を取り除き
良質なお米の選別作業を行っていらっしゃるそうです

そうかあー・・・と納得。

毎日洗っていても
もみ殻やくず、傷んだお米が、全く浮いてこないのには本当に驚き
感動していたのです。

一粒一粒もとても瑞々しく、
炊くととってももちもちツヤツヤしているのも、
極力お米を傷めない、

そんな丁寧な作業があってのことだったのですね~。

とっても気さくな方で、お忙しい作業中にも関わらず、
丁寧にいろんなことを教えて頂けました。

こうして顔と顔を会わせて
実際にお話しをして、田んぼを見て・・・
そんな関係を持って仕入れをさせてもらえるご縁に恵まれ

本当に感謝です

繁田さん、ありがとうございました

玄土のごはんは、ここで生まれていまーす☆