調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

満月から下弦の月までの1週間、過ごし方と料理のイメージ

2016.03.24

こんにちは、
愛とお金と美の循環体質を作る、マクロビオティックカウンセラー米澤万由美です。

 

今日からは新月に向かう2週間です。
昨日のブログでは満月に陰を極めて生理が始まる方に焦点を当てていましたが、
今日はその反対で、これから新月に向かうにつれ、地上のエネルギーは陽を極めていくお話です。

新月の夜は一番暗く冷たい陰な大気となり、その下で生物は【集中・凝縮・下降】の陽性力を強めます。
心身は満月に膨張を極めからこれから2週間、自然とスリムに引き締まり、内観に向く心の状態へ向かいます。
陰極まって生理が始まった方は、陽を極める新月は排卵の時期となります。
排卵前の2週間は、エストロゲン期=ダイエット・美容効果・引き寄せ力の高い、キラキラ期です( *´艸`)

 

満月で生理が始まった方、
昨日のブログでもコメントを頂きましたが、満月でちょっとしんどかった方は、
下弦の月までの1週間、心身共にリラックスムードで過ごせるといいですね。

 

満月までは、人はワーッと浮足立つようにアクティブになりますが、
満月から下弦の月までの1週間、ここで意識して休憩時間を作ると心身に【余白】ができ、
これから新月までの【結果収得】の流れに乗る、心と体のリズムが作れます。

 

満月で開いた敏感肌に優しい素材の服、締め付けないインナー、
アロマキャンドル、ノンカフェインの温かいお茶、心が穏やかになる音楽、シャガールやオキーフの色合い、ほどよいお酒etc.
私にとって、そんな物で自分を癒すイメージの1週間(笑)

 

食事も、香辛料やカフェイン、生姜やニンニクは控えめで、味付けも刺激的なものでなく、
食べて「ほうっ」と一息つけるような、優しいお味の温かいお料理がいいですね。

南瓜・玉ねぎ・キャベツ・芽キャベツ・白菜・ブロッコリー・人参・ジャガイモ・里芋・もちもちとした雑穀類や豆、
そんな穏やかな甘味のあるお野菜をコトコト煮込んだスープやポトフ、お粥やスープパスタ、煮炊きした惣菜etc.
お肉やお魚も、焼いたり揚げたりするより、柔らかく煮込んだり、茹でたり。
先日息子にパン粥を作ってみましたが、
(『魔女の宅急便』でキキが熱出してオソノさんが作ってくれたやつ)
あんな感じで柔らかくふわふわな、やさしいお料理のイメージです。
このイメージで、食材・鍋・火・水を、扱って。
そのイメージで、食卓を整えてみてください。

 

煮込み料理の何がいいって、コトコト煮込んでいる間にほうッと一息吐けること。
ほうっと作り手がリラックスして作ったお料理は、そのリラックスの氣が料理に溶け込んで食べ手に伝染します。

(怒り、悲しみ、喜びetc.あらゆる感情は料理の調味料として働きます)

 

この時期は、それくらい、「ほうっ」が大事。

 

って書いてますが、「そうしなければならない」訳ではありませ~ん(;’∀’)
こんな風に月の満ち欠けや体と心のリズムを意識している方は、「なんかちょっとホッと一息つきたいなあ」って感じる時があると思います。
逆に「もう鬱々した気を吹き飛ばしたい!」とか、「今日は集中して◯◯するぞ~!」とか。
そんな時、お料理の仕方でもエネルギーのメリハリを付けれるよ、っていうお話です。

 

煮込み方も、グラグラ沸騰させ続けた煮込み料理と、
弱火でクツクツと煮込んだ鍋の中では、仕上がる料理のエネルギーが変わってきます。
鍋の中にどんな宇宙を作りたいか妄想しながら、食材×火加減、水加減、塩加減を調整する。
体の中にどんな宇宙を作りたいか妄想しながら、最後に口腔調理(咀嚼)する。
 

なんか、魔女っぽくって面白くないですか?(*´▽`*)

 

 

 

* * * * お知らせ * * *

 

【credo】のFacebookページはこちら→「いいね!」お願いします(*^▽^*)

 

【メールマガジン】
心と体をホッと癒す食情報、季節に合わせた暮らし方など、毎月新月に配信しています。
メールマガジン登録

 

【体話セッション】
神戸三宮 毎月第3土曜日 4月16日13:00~14:30
(三木市では日時応相談)
電話・LINEでのセッションも受け付け中

 

【望診法基礎講座】

現在4名様お申込み

顔・体に現れる内臓と氣の状態、症状の陰陽など、望診の基本的な考え方を学ぶコースです。

日時 3月27日(日)開講 全3回
場所 株式会社 神戸サンセンタープラザ