調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

梅干しの漬け方 3

2015.07.24

こんにちは、谷です。
今日は梅干しの漬け方の最終回になります、土用干しについて書きます。

 
土用期間中(7月20~8月6日頃まで)、
天気予報を見ながら晴れの日が4日間続くのを見計らって干します。

3日間と半日の間、盆ザルの上に梅を広げ、天日に干す。
1日に1回(昼過ぎ頃)一つずつ手で上下をひっくり返す。
赤紫蘇もザルに広げて干します。
夕方には軒下か、家に取り込む。

4日目は、梅酢を入れた瓶もラップかビニールを上に掛け、天日に干す。
昼頃には、干して温くなった梅酢が入った瓶に、梅干しを戻す。
上に赤紫蘇を乗せます。

梅干しを瓶に戻してから、10日間漬けたら出来上がりです。
あとは、1年、2年、と熟成が進むにつれまろやかになります。
 

出来れば、4日間連続で干せることが好ましいです。
もしも曇りの日があり、乾きが不十分な場合は、干すのを1日増やしても構いません。

万が一、雨にあたった場合は、丁寧に水けを拭きとり、
焼酎で洗ってから梅酢にくぐらせて、干しなおせば大丈夫です。

美味しい梅干しに仕上がりますように(^^)/

 

* * * お知らせ * * *

 
□ お手当教室(8月は暑さに乱れやすい自律神経に関する講義とお手当)
8月8日(土)10:00~12:00
 

□ マクロビオティック料理教室 
8月23日(日)10:00~13:30

8月のレッスンメニュー
〇和ハーブのせ玄米ご飯
〇長芋のすり流し
〇車麩のカツ 甘酢あん
〇あらめと小松菜のおひたし
〇香港スイーツ「楊枝甘露」をマクロビアレンジ♪