調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

梅干しの漬け方 2

2015.06.17

こんにちは、谷です。

今日は、梅干しの漬け方の続きを書きます。
 

6月10日に漬け始めて丁度1週間がたちました。
水分が上まで上がって、塩が溶けきったら、赤紫蘇を入れます。

 

もしも、水が上がりにくい場合は、重石を乗せます。
私は、空き瓶に水を入れて、清潔なナイロン袋に入れて梅の上に置きます。
またその上からもナイロンをかぶせてゴミ等が入らないようにします。


 

赤紫蘇は、昔は揉んで絞って、という風に作っていたそうですが(母談)とっても大変!
という事で、買ったものを使っています。
自然食品店やネット通販などで「もみしそ」の名前で売っています。
手づくりされる場合も、レシピがたくさん投稿されていますよ。
 

赤紫蘇(もみしそ)は、梅1kgに対して250gぐらいです。
 

さて、上にもみしそを乗せたら、新聞紙をかぶせて輪ゴムや紐でとめます。

 

あとは、土用干しまで冷暗所に置いておきます。

次は、土用干しを始める時に書きますね♪

 

* * * お知らせ * * *

 

□ お手当教室(6月は梅雨バテ対策講座)6月20日(土)

 
□ マクロビオティック料理教室(7月は熱中症対策)7月19日(日)

 

□ 個人カウンセリング(セッション)受付中

 

□ 新月・満月に配信のメールマガジンご登録はコチラ