調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

梅干しの漬け方 1

2015.06.12

こんにちは、谷です。
昨日は、万由美ちゃんが梅干しの効能について書いていましたが、
あれを読むと、きっとご自身で漬けたいと思われた方も多いかと思います(^^)
今年はリアルタイムでご紹介していきます。

今日は第一弾、仕込み。
私は、6月10日に仕込みました。

 

【梅干しの漬け方 1】

※私は10kg漬けるので、その分量で書きますが、お好みの分量で漬けてください。
多くても少なくても % は同じです。

 
【材料】

梅  10kg
塩  1kg (梅の10%)
焼酎 1000ml (梅の10%)

塩は美味しいものをお使いください。
おすすめは、奥能登海水塩です。

 
【漬け方】

1.
梅をさっと洗い、ボウルや鍋などを使い4~5時間、浸水する。
梅が水から出ないように、かぶるぐらいの水を入れる。

2.
ザルにあげ、水を切る。

3.
タオルなど使い水をふきながら、小枝(ヘタ)を竹串で取る。
傷がつかないように気を付けます。


4.
瓶や壷など、漬ける容器の底に、分量の2割ぐらいの塩を入れ、梅を入れる。
底から、塩→梅→塩→梅→多めの塩 となるよう、それぞれを重ねいれる。

5.
呼び水として、焼酎を上から入れる。

6.
毎日、水分が全体に行き渡るように容器を揺する。
水分が上にくるまで毎日繰り返す。
1週間ぐらいかかります。

3日目。
だいぶ上まで上がってきました。

あとは、土用干しまで置いておきます。
家の中でも暗くて涼しい部屋が良いです。

自分で漬けると美味しいですよ♪
是非、お試しくださいね。

 

* * * お知らせ * * *

 

□ お手当教室(6月は梅雨バテ対策講座)6月20日(土)

 
□ お料理教室(7月は熱中症対策)7月19日

 

□ 個人カウンセリング(セッション)受付中

 

□ 新月・満月に配信のメールマガジンご登録はコチラ