調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

本日のランチ、ちょっと詳しく♪

2011.09.29

本日のランチは・・・新月から上弦の月に向かうメニューでした。

新月から上弦の月に向かうこの一週間は、イメージとしては春の芽吹きのような時期です。
ちょうど玄土のマークみたいなものです(笑)

CredoLandー玄土ランド
CredoLandー玄土ランド

芽吹いたばかりの新芽のような、軽くて柔らかな美しい緑色、そして爽やかな酸っぱさが、お料理のポイントです。

種から芽を出す時、植物は外敵から身を守るために少しだけカラダから毒素を出します。
ある意味、種の内側に溜めていた毒を出すので、デトックスと言えるかな?

同じように、私たちのカラダも新月から上弦の月へ向かい始める流れにのって、カラダの内から外へとデトックスを始めるのです。

新月にはカラダは一番ぎゅーっと引き締まり痩せていますのが、これからは徐々に外側に緩み、膨らみ、溜まっていたあらゆるものが、どんどん外へ溢れ出してきます。

デトックス・解毒を司る、肝臓の頑張る1週間でもあります。
肝臓は血液を溜めこむ貯蔵のための臓器でもあるので、血液をキレイにしてあげてほしいのもこの1週間の特徴です。

なので・・・

CredoLandー玄土ランド
CredoLandー玄土ランド

おむすびは梅肉と青シソ和えの押し麦入りのごはんで。
あっさりとした風味と程良い酸味は、食べると軽やかな息吹が感じられるようです。
良質な梅と塩だけで作った梅干しは、血液を浄化してくれます。
アルコールや甘い物の食べ過ぎの時にもオススメです。

ランチプレートのメニューは、
□美白ホワイトスープ(豆乳と白きくらげ、大根、舞茸、白みそ)
□ベジミートの唐揚げといろいろ野菜のミニボール揚げ スダチをかけて
□お野菜のグリル 玉ねぎ・人参のすり下ろしソース
□ししとうと昆布の佃煮
□テンペベーコンの蒸し春巻き スイートマスタードソース
でした。

ちょっと酸っぱい系が多いのと、蒸し野菜たっぷりなのが特徴です。

でも、季節は秋なのでしっかり根菜やグリルで熱を込めて冷え対策も。
冷たい空気は肺・喉を傷めるのでスープには大根や白きくらげで細胞に潤いを

気になるデザートは
CredoLandー玄土ランド

お茶は肝臓を助けるたんぽぽのお茶(珈琲風味)。
クスクスのタルト~パンプキンクリームのせ~でした。

リンゴジュースで炊いたクスクスに、かぼちゃとお豆腐で作ったクリームをのせ、トッピングは焼きリンゴを。
スイーツですが、膵臓・胃を労り、ココロをほっと穏やかにしてくれる甘味です。

こんな感じのランチですが、いかがだったでしょうか?
だいたいこんな風にメニューを考え、旬の食材でお料理をしています。

ご来店いただいたり、お弁当など注文していただいたりした方には十分伝わっているとは思いますが、

特別な食材、高級食品などは用いていません。

どれも取り扱いやすく、良質な素材ということだけです。
さらに、そんなに手の込んだお料理でもありません(手は込んでいませんが、愛情は込めています )。

でも、1週間に1回、1ヶ月に1回でも召し上がって頂くと、少しずつ少しずつ、ナニカが変わるご飯なのです。
個人の体調やその日の気候に合わせたりすると、もっと効果が実感できるかと思います。

難しいことはないので、方法さえマスター出来たら、ご家庭でも簡単に、楽しく癒食がお作りになれると思います。

ぜひクッキングレッスンや単発イベントにお越しくださいませ♪
ランチやお弁当もどうぞお気軽に♪

お問い合わせ、ご連絡をココロよりお待ちしておりま~す。