調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

望診カウンセリングって・・・?

2014.07.17

おはようございます、癒食カウンセラーの米澤万由美です。

カフェでの望診カウンセリングを通して、
このフレーズのウケ(納得度)は良いなあ、と思う、
セリフ・よくある場面をピックアップしてみました。

 

疑似カウンセリング感を醸し出しましたが、
いかがでしょうか?

 

お客様 「塩で陽性になるって、どうゆうことですか?」

米澤  「ナメクジに塩をかけたら縮みますでしょ? キューっと」
「人間もおんなじで、塩漬けにされたらキューっと細胞が縮むんです。
胡瓜も塩もみしたら水が出ていきますよね。人間も塩気が強くなると、
水分が干上がってカサカサに乾燥していくんです。
乾燥した肌や腸内環境って、どんなんだと思います?」

お客様 「唇がカピカピになって切れたり・・・?」

米澤  「肌も乾燥してカサカサしたり、小皺が増えたり。
お通じも乾燥して硬くなったり、胃腸もキューっと縮み込んで硬くなってたら、食欲も湧かないし唾も出ない。
汗もかけないから火照ってるし、血管も縮み上がって血圧も上がったり・・・」

お客様 「それが陽性になるってこと?」

米澤  「極端に陽性に傾いた状態ですね。
ほどよい陽性力は肌のキメは整ってたるみもなく、
キュッと引き締まったシャープなラインをもたらしてくれるし、
陽性=下に降ろす力、になるので、お通じも毎朝しっかり出すことができますね」

お客様 「私は陽性状態ですか?」

米澤  「ご記入頂いたチェックシートでは、
『イライラ・せっかち』『細かい事が気になる』『乾燥肌・白髪・髪の乾燥・眉間の縦皺』にチェックが入っていらっしゃいますね。
手のひらや指先も縦皺や逆剥け、黄色く乾燥した皮膚状態になっていらっしゃるご様子ですから、ちょっと陽性過多のサインかも・・・。
特にこの『塩気の強いチップス』『漬物』『レトルト食品』『パン食』の食事傾向は、
日本人には極端に陽性過ぎる食事傾向となっているかもしれません」

お客様 「うひゃー・・・言われてみたら、めっちゃ陽性なのかも!?
もしかして私、塩を摂り過ぎてるから、甘い物がやめられないんですかね?」

米澤  「そうかもしれませんねー。
お煎餅食べたら、チョコ欲しくなりますもんね。
おうちでご飯の後は、だいたいいつも果物やデザートお召しあがりですか?」

お客様 「そうですー!!でも、甘い物は体に悪いから、最近はチョコレートを我慢して煎餅にしていたんですが・・・昨日から急に暑くって、アイスクリームを暴食しました!」

米澤 「それだけ塩の陽性さが強ければ、中和のために砂糖や乳製品が必要になりますよ。
ちなみに、お煎餅もかなり陽性食品です(笑)」

お客様「我慢してひたすらお煎餅食べてたのに!!
甘い物、必要やったんですね!?
・・・ということは私、甘い物食べ放題ですか?!」

米澤 「まずはほどほどの良い塩梅・バランスを探しましょう(笑)!!」

 

という感じで、この方には

・味噌汁の味を2トーンほど薄くする。
・青菜・薬務食材・きのこ・ハーブ・キャベツ・大根・国産果物をお薦め。
・茹で野菜・蒸し野菜・野菜スープ・生サラダを増やす。
 レモン汁・柚子汁・酢・ワインビネガー・
 マスタード・甘酒などでドレッシングを作る。
・蜜柑ジュースやレモン水・ハーブティー・緑茶・麦酒なども◎

などなど、肉魚の食べ方・おやつの選び方なども含め、お食事のアドバイスをしました。

ナメクジや塩モミサラダなどのワードは、「塩漬け」状態をイメージしやすいようですね^^

 

こんな感じでカウンセリングを行っています。
カウンセリング前後にコラム集やブログ記事(陰陽について)などを読んで頂くと、
より陰陽のバランスがイメージしやすいのではないかと思います。
疑問や体調のお悩みなどがありましたら、お気軽にお声かけください^^

 

兵庫県神戸市中央区熊内通6-3-12
営業日:火・水・木曜日 11:30~16:00
(混んでいる時はカウンセリングを短縮し、ポイントのみお伝えする事もあります)

料理教室「ホールフーズで作るごはんとおやつ」:第2・4月曜日・第1・3日曜日