調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

料理教室 第2回目のご報告

2011.11.16

日曜日に行いました、第2回目のレッスンのご報告

カラダを変える調味料


~『昔ながら製法』を経済効果的に使おう♪~

皆さま、『調味料』はどんな風に使われていますか?

調味料の役割は、『味を調えること』ですよね。

調える…素材の味と、調味料の味の組合せを

バランスをよくして美味しくする、ですが、

料理そのものが調味料だけの味になってしまっていること、ありませんか?

『調理』 『料理』とは、『理(ことわり)を料(はか)り、調(ととのえ)ること』です。

なんだかすごい行為のようですが、もっと簡単に、解りやすく言えば

『素材そのものが持っている生命力や浄化作用などを、

さらに高めてあげること』が
『調理』すること、になるのではないかと思います。

だから『美味しい』ものはひとを癒し元氣にしてくれるし、
『不味い』とひとを疲れさせ、しんどくさせてしまうのだと思います。

そのため、調味料を山ほど入れて素材の味を消してしまうと、
素材そのものの持つエネルギーを打ち消してしまう可能性もあるのです。

安く、大量生産されたものをジャバジャバ山ほど使いどんどん消費する、
それはある意味もったいないですよね?

口の中だけで弾けるような瞬間的な『美味しさ』
実は心身のツカレにつながっているような、『不味い』物になっていませんか?

質の良いものを少しずつ、愛おしく使って、
そして素材の味を引き立てる、

そんな使い方をぜひ身につけてください。

いつの間にか、体調やお肌の調子も、

ピッカピカに良くなっているかもしれません♪

経済的にも、医療費や美容費も楽になったりして♪

第2回目のメインはちらし寿司ですが、合わせ酢は梅肉を使って作ります。
きれいな色でしょう~

CredoLandー玄土ランド

 合わせ酢
CredoLandー玄土ランド
 ちらし寿司

CredoLandー玄土ランド

 クッキング風景

CredoLandー玄土ランド
 試食

いつもお料理盛りだくさんです!
レンコンボールはもっちりもっちり♪

お肉をある意味超えて(?)最高の食べ応えです。
梅肉を使った合わせ酢で作ったちらし寿司も「梅そのものの味がしないのに~!」
と驚きの声が!

あっさり風味のごはんと、佃煮にした具材がマッチしてて美味でした~ニコニコ

楽しく美味しく、続けていきますよ~♪

次回3回目のクッキングのテーマは『夏料理』☆

冬場に作る夏料理…冷えないように、いかにアレンジするか
次回のご報告をお楽しみに~♪