調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

乾燥肌の三つの原因

2015.12.19

こんにちは、癒食カウンセラーの米澤万由美です。

お肌、乾燥してませんかー?

皮膚は腸。

肌皮膚粘膜の保湿は、腸内環境を整えることから!

乾燥肌(腸内の水分吸収を阻害する)を招く主な原因食は三つ。

それぞれ乾燥の現れ方もちがうので、要チェックしてください。

 

まず一つ目、焼き粉。

 

このタイプは、カサカサガサガサ。
パン・煎餅・クッキー・ビスコッティ・ピザなどなど。米粉でも小麦粉でも、オーブンで焼いたようなかったい焼き粉製品は、
腸内の水分を吸ってカッチンコッッチン、グルテンがネバネバの塊になって、特に右の上行結腸で詰まりやすくなります。
お腹を押して右腹部が痛い方、パン食が続いていませんか?

焼き粉による乾燥の仕方は特徴があって、
指先のはら、踵、肘、膝など、関節や体の最先端、はじっこの部分がカサカサになること。
爪先のさかむけも特徴的です。
ストッキングが踵で破れる方、今CMで塗り薬が流行っている「パックリ割れ」、もそうですね。

 

 

二つ目、 塩。

 

この乾燥はシオシオタイプ。
体が塩漬け=梅干しや干物=小皺、です。
水分が飛び、体中の水分がネバネバしています。
目(涙、目ヤニ)、のど(痰)、鼻(鼻水)、舌(唾液)、大腸(お通じ)、膣内、の粘液が濃縮され粘稠に硬く。
生理の経血も凝血し塊が出てきやすく、また、排出量も少ないです。
皮膚肌や爪にも小さな縦皺が増え、全体的な血色が茶色っぽく、くすんだ感じになります。
くすみ・くま・赤い湿疹(痕が残りやすい吹き出物)なども出現しやすいです。

 

 

三つ目、油。

 

これは、粉吹き肌。
オイルだけでなく、動物(肉魚)の脂で、腸内に油膜が張って水分がはじかれ吸収されません。
揚げたての衣がパチパチと水分を弾き、白っぽく粉吹くように、皮膚肌の広い範囲が粉吹きます。
例えば腸を現すすね・ふくらはぎ・膝の裏、呼吸器を示す二の腕や背中、ダイレクトに腸、のお腹全体、など。
お通じを見てみると油分を多く含みネバついて、トイレにこびりついて流れにくかったり。

 

乾燥の主な原因となり得るもの三つ、でした。
ちなみに踵は腸と生殖器を現すので、ここが割れちゃうくらい乾燥が来ている方は、上記三つはちょっと意識してみてくださいね。

三つ全部の乾燥にお薦めなのが、
大根、白菜、豆腐、葛、長芋、里芋、きくらげ、こんにゃくなど。

 

 

鍋が一番、ですね。

 

今日はキムチ鍋だよ~(*´▽`*)