調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

マイナートラブル

2015.04.16

こんにちは、癒食カウンセラーの米澤万由美です^^。
「つわり」に引き続いて、妊娠中のトラブルに関しての考察です。

 
妊娠初期から今に至るまで、地味に困っているのが「耳管開放症」。
耳の中に膜が張ったように、自分の鼓動や声が響いて周囲の音が聞こえずらくなる現象です。
中耳の圧力を調整する耳管という耳の奥と中耳(鼓膜の奥)をつないでいる器官が、
うまく開閉しなくなることで起きるマイナートラブルの一つだそう。

体の末端部分が「スムーズに働かなくなる」という点では、
静脈弁の開閉がうまくいかず血液の逆流が生じる「静脈瘤」や「痔」も思い浮かびます。
妊娠中は、こういった手足や耳・顔(肌)・頭・生殖器周辺(肛門)など、
身体末端部位の「ゆるみ(陰性)系」トラブル(浮腫み・冷え・痒みなどの皮膚トラブルなど)が増えるのは、何故でしょう?

 

胎児は「一個人」というエネルギーの塊。
母体は、生命維持においては優先度の低い四肢末端を陰性にしてでも、
急激に成長する体幹部分に栄養・熱・血液という陽性ファクターを集中させようとします。
体幹が陽、末端が陰となることで猛烈にバランスを取っているのです。
妊婦さんが便秘になりやすのは、子宮や大腸など体幹部が陽性になり、引き締まっているから。
逆に、耳管開放症や静脈瘤、浮腫みや痔など、身体末端部は水分貯留による陰性現象。
 

バランス、取りにっく~~い(><;
 

なので、ある程度のトラブルは生体反応として「しゃ~ないな~」と思いますが、
陽性症状の予防としては小麦粉製品と塩(味加減)に注意すること、
陰性症状の予防法としては、極陰性食を控えること(特に飲み物で摂る糖分・乳に注意)。

陰性症状に対しては、水分代謝を促すような陽性食・手当を試して頂きたいと思います。
ひじきやアラメなどの海藻類、黒ゴマ、黒豆、黒きくらげ、小豆、蕎麦の実、十割蕎麦、干し野菜(切干大根や干し椎茸など)、高野豆腐、玄米・赤米・黒米、蓮根や牛蒡など根菜類、植物性蛋白質が豊富な麩や大豆製品、魚貝類などがお薦めです。
とは言ってもどれもこれも陽性食品ばかりで、喉を通らない方も多いかも?
大葉や三つ葉・葱などの薬味、バジルやミントなどのハーブ、小松菜や水菜など青菜、トマトやセロリなど、香りが良い陰性食材と組み合わせて、大根おろしやレモン汁・酢を活用して和風・サラダ仕立てにしてみると、食べやすいかもしれません。

 

ですが、こういった症状(トラブル)が出現しているということ自体が、
体(胎児・子宮)から「休みなさい!!」「あなたに合っていません!!」
と強制的にSTOPがかかっている状態です。

特に骨格が華奢(指が細い人・手のひらが薄い、顎先が細いなど)な方は、
先天的に受け継いでいる体力自体が少ないので、他人と同じように出来ると思わないこと。
(妊娠中はその少ない体力を常に胎児に送り続けているため、母体はバッテリーゼロです)

私は、耳が詰まった感じがし始めた時は、
「ああ、本当は嫌なのかも」「やらされていると感じている?」「無理したかなあ」
と、今やっている行為を続行するかしないか(したいか、したくないかを)、一度考えます。

私の場合、自分を誰かと比べ、蔑むようなことを思った時、不調が起きていました。
(「耳」の不調ですから、「他人の評価を気にし過ぎだよ」、というメッセージ性もあったのかもしれません)

今では、例えば晩御飯を作りたくないと気づいたら、主人に買って来て貰います。
仕事が続いて疲れたら、翌日は昼間もぶっ通して寝続けることもあります。
先日、ついに「引き籠り妊婦になる」ことも決意表明しました。
「活動的妊婦」という理想像(笑)になれない自分を、責めていたのに気づいたのです。
谷さんや主人には「今までと何がちがうの?」と言われるのですが、
「ぐうたらする!」「好きなことしかせえへえん!」という、自分肯定感がちがうのです!
そしたら、前ほど疲れないし、いろんなことが数倍楽ちんで息がしやすい感じです!
いろんな人に助けてもらえているし、ほんま、ありがとう様様でご機嫌な日々^^☆
惣菜弁当や外食、赤ちゃんへの話かけも適当だし、
マタニティ◯◯などイベントも不参加ですが、こっちの自分でいた方が、胎教に良い気がしています♪

 
フルタイムで働いている方や、「そうは言っても休んでられない~><;」という妊婦さんも多いと思いますが、(妊婦さん以外でも)、
仕事や家事が終わった途端、動けなくなるほどに疲れ果ててしまうなら、
小さくても何かトラブルが発動した時は、それを口実に一度立ち止まるチャンスです!!

病気や妊娠をきっかけに、猛烈に変わり行く心身に浮上してくる過去の澱に、
体グラグラ、心がオロオロするのも、とっても苦しいんだけど、
勇気を出して、新しいバランスの取り方を探してみてください。

 

最後に。
今日は「お薦め料理」もご紹介しておきましたが、
作らなきゃ、陰陽のバランスを取らなきゃ、体に良いものを!!と必死感を醸し出し、
しんどい体を引きずってまで、台所に立たないようにご注意くださいね^^♡

ちゃんと体にはデトックス機能・自然治癒力が備わっているので、
安心して楽な道を選び、自信を持って好きに自由に、日々を楽しみましょう♪

 

* * * * * * *

望診法基礎講座
6月スタート 受講生募集中

STEPⅠ「陰陽編」基本的な陰陽論、人体・症状別の陰陽の見極め方
STEPⅡ「五行編」五臓六腑の解剖生理、望診所見、五季との関連
STEPⅢ「望診法」人体の望診所見、陰陽別対処法

【 日時 】
〇水曜日クラス 10:00~15:00
STEPⅠ 6月3日 / STEPⅡ 6月17日 / STEPⅢ 7月1日

〇日曜日クラス 10:00~15:00
STEPⅠ 6月7日 / STEPⅡ 6月21日 / STEPⅢ 7月5日

詳しくは→こちらをご覧ください。