調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

まずは私をひらく

2016.10.20

 

メンタル停滞時の特徴
 

〇「〇〇と比べたら私はまだ大丈夫」など、比較思考で自分を護る

〇電化製品、食器、文房具etc.を壊す(壊れる)

〇ダイエットや断捨離、掃除…自己管理意欲の暴走/目標設定が高い

〇寝つきが浅い、思考とネットで頭ぐるぐる

〇料理の手際が悪い、
 メニュー(食べたい物)が思い浮かばない

〇痒みや湿疹、くすみなど、肌の化粧乗りがいまいち

〇現状の「ないない」思考が止まらなくなる
 自分自身を信じられなくなってくる/自責が始まる

〇「メンタルがやばい」という自覚がない
 救助の求め方が「なんでやってくれないの?」と詰問調になる

〇やってもらうことが「当たり前」、
 「こうじゃないそうじゃない」イライラが増す
 

ということを踏まえて、
メンタルが軽くなっている時の特徴
 

〇「メンタルがやばい」「いまやばい。大丈夫じゃねえ」と言える

〇冗談にする余力をもって救助を求められる
(「とにかく私を褒め称えて気分を上げて」とか、口調が軽い)

〇肌の調子が(いまいちだとしても)気にならなくなる

〇スッと寝れる

〇食べたい物がすぐ浮かぶ、すぐ作る、いっぱい食べて満足できる

〇買い物で欲しかった物・自分にぴったりの物と巡り合う

〇嬉しいもらいものが廻ってくる

〇ラッキーなことがすべて「自分自神のおかげ~♡」と思える
 結果、夫や息子への大好きが止まらなくなる
 

心はいつも軽くなったり、重くなったりしながら、
くるくるふわふわ波にのって動いてる。
どっちも私。
 

不安やイライラ、愚痴、ネガティブは、
勇気を持って吐き出すと同時に、安心、希望、満たされ感に変わる。
 

どっちも大事。
 

波にのる。
 

たった一つ叶ったら喜びを嚙みしめて、
たった一つでも失ったら、どんな些細なことでも悲しんで。
そうやって、心の波にのる。
心の波にのれたら、
どんなに環境が変わっても、相手がどうであっても、
大丈夫。
 

笑われると、怒られると、悲しませるかもしれないんんだけど・・・
これを言うのはすごく恥ずかしい、怖い、うまく言えないんやけど・・・
そんな風に、前置きして告白したら、案外良い。
 

ひらきやすい。
 

「こんなこと言ったら、怒られるかもやけど・・・
息子が可愛くて仕方ないんやけど・・・
でも最近、とにもかくにもなんだかしんどいんだよー(T_T)」
 

「はあぁぁぁぁぁぁああああー・・・・っあ、しんどおぉぉぉおおい」

 

って昨日、言ったら、癒えた。
肩が、喉が、頭が、一瞬のうちにスーッと軽くなって。
そしたら、主人もいつも以上になんかいろいろ話してくれた。
いつも言われる「こいつの親は俺たちしかいないんだから、頑張ろうな」が、
『お前ガンバレヨ』じゃなくて、
初めて、『一緒に、がんばろうな』って、
想いでハグされるように、心の奥で受け取れた。
本当は話し始める前、
「私には『ガンバレ』って言わないで。その代わり、『いつも頑張ってるな』って、言ってほしい!」って要求しようと思ってたのに、不思議。
 

同じ言葉なのに、ひらいた前と後では、
受け取り感度がぜんぜんちがってる。

 

先週母が入院して、焦燥感に近い心配が湧いて、
同時に、母へも「もっと自分を大事してよ!」って想いも溢れて来て。
 

今までは、母の想いをまず聞こう聞こうとしてた。
今回は、私の気持ちをメールした。
それを読んだ母の返信で、また一つ私の思い込みが明るくなって、焦燥感が頭の上からくるくるくるくる抜けていった。
私自身の気持ちを感じ抜いて、文章化して相手へ明らめてなかったら、
目が醒めなかっただろうなって、思う。

 

私はこれまで、
相手にひらかせようとばかりしていたのかな。

 
体は、どんどん、ゆるめていく。

言葉は、ひらいていこう。

心のインナーマッスルを使って。

 

 

* * * * お知らせ * * * *

 

【Facebook】
「いいね!」お願いします♪

 

【メールマガジン】
新月の日に配信しています。

 

【望診セッション】
心と体の意図を知る。

 

 

【望診法基礎講座】
顔に現れる内臓・心のサインを学ぶ

日時 11月27日(日)開講 全3回
場所 株式会社 神戸サンセンタープラザ