調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

そろそろお味噌の仕込み(準備編)

2016.02.03

こんにちは、谷です。
昨夜はレイトショーで映画を観に行き、お風呂に入らず寝てしまったので
朝から近所の湯あんに行ってきました。
すいてるかと思いきや、たくさんの先客が!
塩サウナでお二人が話しておられるのを聞いたところ、ジムで汗を流してから来られたとの事。
まだ11時前のことですよ!
さっすが~。先輩方はやることが違うねっ!
と感心しながら、露天風呂で最高の気分に浸ってきました(*^^*)

ちなみに、湯あんの「石の湯」の大露天風呂が故障中なので、入湯料300円!!
日替わりで女性と男性が入れ替わりで、今日は女性が「石の湯」だったんです♪
露天風呂の寝湯や源泉などは入れますよ。

 
さて、お味噌のはなし。
昨年に仕込んだ味噌を開けました。
こんな感じ。

すっごく美味しかった!
こんなに甘くてやわらかい味わいのお味噌は久しぶりにできました。

いつもは玄米を糀にしてもらっていましたが、
昨年は表皮だけむいた状態で糀にしてあったので発酵もスムーズだったのでしょうか。
なににせよ、美味しい!!!
 

今年もそろそろ仕込みをします。
以前、梅干しの漬け方をアップしたところ初チャレンジのご報告もいただきましたので、
今回はお味噌の作り方を書きたいと思います。

お味噌作りって難しそう、面倒くさそうなイメージがあるかもしれませんが
仕込みには半日もかかりません。
そして、放っておくだけ。
一年も待てば、たまらなく美味しい味噌が食べられます。
 

私はよく几帳面でしっかりものに見られますが、
じつは何でも適当で超ズボラな性格。
そんな私でも出来るのですから、ぜひ!ぜひ!

と、熱くお薦めます。

20歳ぐらいの頃、お茶の先生に手作りのお味噌をいただき、
あまりの美味しさに衝撃を受け、先生に無理を言って教えてもらって以来、
欠かさずに作っています。
あ~~~味わってほしい!!

ということで、まずは材料を揃えます。
 

糀の注文をしたところなので、作り方の詳細は糀が到着してからになります。
来週中には来るかな。
 

<味噌の材料>
出来上がりが5kg分の場合
・大豆 1200g
・糀 1500g
・塩 500g

出来上がり10kg分の場合
・大豆 2400g
・糀 3000g
・塩 1000g

とってもシンプル。

他に必要なものは、
・焼酎(消毒用なので100mlぐらい)消毒用アルコールでもOK
・塩(食用の材料ではなく、カビ除けなので荒塩でOK)1kgぐらい
・味噌を入れる保存容器(かめでもホーローでもプラステチックでもOK)
・味噌容器がすっぽり入る大きな袋2、3枚
・大きい鍋(味噌を茹でる)
・ブレンダーかマッシャー、すり鉢など。
私は3年前からハンディーマッシャーを使っています。

 

せっかく自分で作るんだから、材料はこだわって選びましょう♪

大豆は、
プリッとした美味しいお豆さんを選んでください。
最近は金沢大地さんで買っています。

糀は、
糀は、いつもお世話になっている繁田さんのお米で作られた糀です。
スーパーでも売られています。
乾燥と生がありますが、生糀の方がお薦めです。
(原材料はチェックして買ってくださいね。)
繁田さんでお願いする前は、鈴木こうじ店さんで買っていました。
糀の種類も様々ですが、
玄米はしっかりとした味。
白米は馴染みのある、まろやかな味。
麦はあまくてやさしい味。
お好みで。

塩は、
能登製塩さんの奥能登海水塩
このお塩は本当に美味しい!
 

そうそう、
お味噌を仕込む期間は、12~2月の冷え込みが強い時がよいそうです。

次回は仕込み編です。

 
 

* * * * お知らせ * * *

 

【メールマガジン】
心と体をホッと癒す食情報、季節に合わせた暮らし方など、毎月新月に配信しています。
ご登録はコチラから→http://www.credoland.jp/mail_magazine/

 

【勝手にキレイになる骨盤講座&ランチ会】


整体とトレーニングのお店ここのは 立腰姿勢トレーナー藤本彩×癒食カウンセラー米澤万由美

日時 3月12日(土)10:00~13:30
場所 兵庫県三木市別所町花尻62-7

 

【望診法基礎講座】


顔・体に現れる内臓と氣の状態、症状の陰陽など、望診の基本的な考え方を学ぶコースです。

日時 3月27日(日)開講 全3回
場所 株式会社 神戸サンセンタープラザ