調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

これまでの価値観がどう変わったか・・・現時点での覚書

2017.08.09

 

最近、これまで私を培ってきた(親・社会の)価値観と言い合い、

反発しているような感じでしたが、

それがようやく、

「ああ、そういう嗜好(思考)なんだ~」ってナチュラルな感じになってきました。

 

例を挙げてみます。

苦労は買ってでもしろ」→「無駄使い」

「我慢・忍耐=えらい、頑張ってる」例:「今トイレ行くなんてあり得ない(空気読んで我慢しようよ)」

→「このタイミングでトイレ行くなんてほんと尊敬する、見習おう」

「悲しい思いをした人ほど優しくなる」→「余裕のある人の優しさはこっちがNOを言える余裕があるなあ

自分だけ楽するな」→「今、私の体と心を一番楽にするのは何か…ん、あなたもたまには意味なく休んだら?」

「いい子育て」→「この子が生涯を終えるまでわからんわ

「人に迷惑がかからないように」→「あ、それ嫌。これはOK。嫌だったら言ってね(迷惑という概念がなくなってきた)」

「いつも笑顔で前向きに」→「ちゃんと一回、絶望しよう

「人の気持ちを考えろ」→「それ言われた私の気持ちわかる?」「気持ちは生ものなので早めに出そう

「決めたことはちゃんとやり通す!」→「そもそもなんで決めたんだ???」

「自分のことは自分でやらなきゃ」→「呼吸するので手一杯だ(生きてたら満点それ以上はおまけ)」

「やることやってから言え(お前が言うな)」→「私以外、誰が言う(*’ω’*)?イチロー育てたのはメジャーリーガー?」

 

IMG_20170807_123606

誰かに言われた台詞じゃなくって、
私の中でものすごくアタリマエに根付いていて、自分を生きづらくさせていた言葉たちです。

「苦労は買ってでもしろ(苦労した人ほど成功する)」
そんな言葉のおかげで頑張ってこれた部分も大いにあるけど、いつの間にか「(成功して認められたいから)苦労買う!」ってなってたわ(*_*;

今、こんな風に私の気持ちを表しても、反発して怒ってくる声は私の中には響かない。

「そうな風に考えても良いんだー(‘Д’)」って、自分で自分の考えにお目目ぱちくりしてる。

 

今、私の中では、これ↓↓がちょっとした意識改革。

 

「仕事せず家に居るんだから、家事くらいしっかりして」

「どんなに寝てなくても仕事行く時はちゃんと起きるんだから、夜泣きで起きれずに弁当作れないとかサボってるやん」

 

以前、大喧嘩した時、なんか言い返せなかった。

それからけっこう経って最近、ネットで『会社勤めの夫に家事を手伝って欲しいと言うと「俺くらい稼いでから言え」と言われた』、という記事を読んでふと想い出した。

 

→以下、怒涛の気づき。

 

①「家に居るにしても、『自分の分じゃない時間』(たとえ赤子が寝ていても)はすべて“仕事”じゃない?」

※ここで言う『仕事』は、『自分の時間じゃない、誰かのために消費(我慢)せざる得ない時間』のこと。
仕事=自分の時間に没頭している状況なら、ここでは当てはまらないかも。

私の場合、第一仕事が育児(授乳など)、料理が家事で第二優先事項なのは、
夫の第一優先事項が仕事、第二が家事育児なのと一緒なんじゃない?ってひらめいた時の衝撃。

 

誰よりも「私がやってること(家事育児)は家に居るんだから“仕事”じゃない」って思ってたのは、自分だったってこと。

 

②「『仕事が第一優先で家庭が第二優先』がまかり通るなら、
育児が一番・家事二番になってる人は、お給料出ないだけで会社勤めの人と同じ扱いじゃない?」
※育児は家事とは別ものという実感です

③「そもそも、家庭(人生)をおろそかにしないといけないくらい優先するものって、ある?」

④「家庭を“安らぎの場”にしたいなら、そもそも“仕事”に家庭を半分持ち込むくらいでないと無理じゃない?」

⑤「『公私混同はダメ』って、誰が決めたんだろう?
家庭に仕事を持ち込んでも、仕事に家庭を持ち込んでも、“家庭(人生)”を優先するのなら良いんじゃない°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°??」

 

気付いたんだけど、

 

『公私混同はダメ』って価値観は、結局どちらも破壊してない?

 

※うまく言えないんですが、会社勤めでも育児でヘロヘロの人も、
『疲れたら休む』『抱え込まない』
『家庭に帰って家事分担できるくらいの体力を温存させる仕事具合に調整する』のも、必要な在り方じゃない?
育児ならだれかに頼って観てもらう、もしくは家事代行サービス、もしくは徹底して手を抜く…。

⑥「『公私混同はダメ』と同じような類で『家族経営はダメ』っていうのも、なんか胡散臭い」
→これはまだ検証中。

 

 
夫(稼ぎ頭)にわかってもらうよりも、
先に家事育児などに専念した結果「稼げなくなってる(養われている側)でプライドが凹んでいる人」に必要な意識じゃないかな・・・まだ、確証は持てないんですが。

自分がそう信じて疑わない価値観を、世界は体現しているだけなので。

この「私だって家事育児っていう“仕事”してる!」っていう主張自体が、どこか古い氣もするんですがね(*_*;

“仕事”の概念(「仕事=自分の時間じゃない我慢時間」っていう設定)が、自分の中で変わってきたんだと思うのです。

 

反発している最中は、めちゃくちゃ目に着くし耳に入ってくるんですよね。

今は、ただふと聴く台詞に「(。´・ω・)ん?」ってなって、

後から「ああ、こういうことが言いたかったのよね」と一人納得する。反射的に言葉が出てくる時も増えてきました。

 

時々、「私はこんな風に思ってるよ~」と言ってみると、「なにその考え方!?」と驚かれる(けど採用してもらえる)ので、まとめてみました♡

 

 

 

* * * お知らせ * * * *

 

「お♪」って思った記事のシェアお願いします♡
メッセージやご質問も気軽に頂けると嬉しいです(*´▽`*)

→ お問合せフォーム http://credoland.jp/contact/

 

img1500608207565

CREDOの【Facebook】ページに「いいね!」お願いします♡

米澤万由美個人ページにもお友達申請歓迎中です♪

 

【メールマガジン】

不定期配信中~、基本的には新月の日にお届けします✨

 

【望診セッション】

お顔や骨格・手相から内臓状態と運氣(素質)をお伝えします。
リピーターも大歓迎\(^o^)/✨「悩みはないけど話ししたい!」方もお気軽にどうぞ♪

o2048136513837833891

事前に手とお顔の写真を拝見して、望診・人相学的所見のレポートをお送りします。
セッション当日は質疑応答や所見の詳細についてお伝えします。

対面90分1万円(三木市・三宮)
スカイプセッション・LINEセッション90分5,000円

 

心と体をエネルギーで料理する【陰陽五行基礎講座】

~10月15日開講~
現役セラピスト・占い師さん(カウンセリング業)の方も多数受講して頂いた講座です。

20160724_104126

体の声を聴き始めると、人生の主役になる。
生き方が変わる、望診の基礎・心と体のエネルギー五行を学ぶ。
申し込まれた時から講座終了までの半年間、グループフォロー。

【 場 所 】 神戸サンセンタープラザ
住所 神戸市中央区三宮町2丁目11番1-604号 センタープラザ西館6階

全6回 126,000円(税込)
毎月第3日曜日10:00~16:00
神戸・三宮の中心「センタープラザ西館6階」

 

 

≪8月のイベント講座≫

【新月の“美運と健康を引き寄せる、顔読みプチ講座】

望診法と人相学を用いて、トラブルの原因と対策や運気アップのポイントをお一人ずつお答えします。

●日時:8月22日(火)10:00~12:00
●場所:三木パナホーム展示場
●参加費:2,000円・要予約

 

☆満席☆【こども望診~エネルギーバランスで観る体の声と心の食~】

お子様自身が対象の講座です。

顔に現れるお腹の中の状態、お通じやおしっこから読み取れること、手は心臓から生える、足はおちんちんの延長線etc
「自分について知る」と、もっと自分が好きになる・面白くなる!

●日時:8月25日(金)10:00~12:00
●場所:カフェテラスしゅう
●参加費:2,000円(保護者一人当たり、お子様何名連れでも同額)・要予約