調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

お味噌の仕込み

2016.03.01

こんにちは、谷です。
準備編から長らくお待たせしてしまってごめんなさい。
実は、冬場に溜め込んだ陽性の排泄が激しく2週間ほど寝込んでいました。
陽性体質の私が、養生せずにどんどんと陽性化するのを放置した結果、
体に溜めこんだ熱を外に出すのが大変な事に・・。
体中の痛みにもがいている時、ヨモギ茶に助けられました。

年齢のせいにするのも忍びないのですが、体力の衰えをひしひしと感じました。
排毒するにも回復するにも時間がかかった~。
体は年々陽性化してくし、今までと同じようにしてちゃいかんなー、
これからはもっと知識をフル活用して日常的にケアしていこう、と心に誓った2週間でした。

冬から春にかけて体調を崩しやすい方は、
酸味や柑橘類、葉もの野菜をたくさん食べて軽やかにしていくといいですよ。
毎年言っていますが、
花粉症の薬を飲み続けていた義母が、たんぽぽ珈琲を毎朝飲み始めてからは
薬いらずになりました。
1月後半~花粉の終わる時期まで飲みます。
お試しあれ!

 

さて、お味噌の仕込みについて。
分量については、そろそろお味噌の仕込み(準備編)で書いたので、
今回は手順を書きます。
 

お味噌の仕込み方

 
仕込みをする前夜に大豆を洗って、たっぷりのお水に浸けておきます。

大きな鍋か圧力鍋で煮ます。
指で押さえたらムニュッとすぐに潰れるぐらいまで軟らかく煮ます。

大豆を煮ている間に、容器と道具の消毒です。
保存容器、ボウル、マッシャーなど使うものは全て。

熱湯(火傷に気を付けながら全体にお湯をかけます)

ふき取り(清潔なタオルかキッチンペーパーを使います)

アルコール塗布(焼酎を振りいれて手で伸ばすか、除菌用アルコールをスプレー)

塩(養生用のお塩でOK。荒塩など)

新聞紙を敷いて、清潔な容器を置いたらスタンバイOK!

次に、塩と糀を手で混ぜます。
まんべんなく塩が行き渡るようにしっかりと。


大豆が軟らかくなったら、煮汁をこして、潰していきます。
今はハンディーマッシャーですが、以前はミンチャーを使っていました。
フードプロセッサーやすりこ木でもOK。
要はお豆さんが潰れたら良いのです。
ハンディーマッシャーは水分が無いと回らないので、大豆の煮汁を少しずつ加えてください。
※水分が多すぎると腐敗の原因になるので気を付けて。

大豆がミンチ状になったら、塩きり糀を加えて混ぜます。

混ぜ終わった時、耳たぶぐらいの軟らかさになるように、大豆の煮汁を加えます。
上の工程で少し煮汁多かった場合は、ここでは加えません。

ハンバーグを作るように団子状に丸めて、空気を抜きます。

ここからが楽しい工程。

お団子を容器の底に投げつけます!
バーン!
周囲に飛び散るので新聞紙を敷くのです。

こうやって空気を抜きながらお団子を敷き詰めていきます。

最後は手で平らにならします。

味噌の表面に隙間ができないように、ぴっちりとラップをします。
縦横2回。

その上に、養生用のお塩を敷き詰めます。
隙間のないように端まで伸ばしてください。

蓋をする前に、もう一度ラップをします。

ラップの上から蓋をして、ポリ袋を2枚使って、2回結びます。

あとは、1年間冷暗所で寝かせます。
美味しいお味噌ができますように♪

 

お味噌の扱い方

 
○使い始め
袋を開けて蓋を取り、ラップを外すと、お味噌の上に乗せたラップと養生用のお塩があります。
お塩が水分を吸って溶けて水浸し状態の時があります。
その時にはその水分がお味噌に落ちないように気を付けながらラップごと取り、捨てます。
お塩は新しいものを用意します。

もしもカビが生えていたら、カビだけを取り除けば大丈夫。
こんな感じで白く粉っぽいのがある時もあります。

○開封の度にすること
開封する時は、新聞紙とキッチンペーパー、タッパー、消毒したおたま、ラップを用意します。
袋を開けて蓋とラップを取り、
内側のラップとお塩を新聞紙(広告でも何でもOK)の上に置いておきます。
おたまを使って、お味噌をタッパーに移します。
タッパーに取り分けた分は冷蔵庫で保存。

おたまを使って表面を平らにならし、
容器の淵に付着しているお味噌をキッチンペーパーできれいにふき取ります。

新しいラップで表面を2重に覆って(仕込みの時と同じ)

お塩を敷き詰めて、あとは仕込みと同じ。
お塩は、水分がなければ同じものを使います。

私は3~4か月分をタッパーに移して使っています。

ちゃんと養生しておけば、2年、3年と熟成していけます。
美味しい「我が家の味」を楽しんでくださいね(^^)

分からない事があればお問い合わせください。
 

 

* * * * お知らせ * * *

 

【credo】のFacebookページはこちら→「いいね!」お願いします(*^▽^*)

 

【メールマガジン】
心と体をホッと癒す食情報、季節に合わせた暮らし方など、毎月新月に配信しています。
メールマガジン登録

 

【体話セッション】
神戸三宮 毎月第3土曜日 3月19日、4月16日13:00~14:30
(三木市では日時応相談)
電話・LINEでのセッションも受け付け中

 

【勝手にキレイになる骨盤講座&ランチ会】

整体とトレーニングのお店ここのは 立腰姿勢トレーナー藤本彩×癒食カウンセラー米澤万由美

日時 3月12日(土)10:00~13:30
場所 兵庫県三木市別所町花尻62-7

 

【望診法基礎講座】


顔・体に現れる内臓と氣の状態、症状の陰陽など、望診の基本的な考え方を学ぶコースです。

日時 3月27日(日)開講 全3回
場所 株式会社 神戸サンセンタープラザ