調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

『もうこれ以上頑張られへん!』あなたへ

2013.03.18

こんにちは、癒食カウンセラーの大森まゆみです。
カウンセリングをする中で、
お客様の「もうこれ以上頑張れへん…」という表情を観ることがあります。

 

砂糖を抜くのも、塩気を減らすのも、乳製品をやめるのも、粉ものを控えるのも…
煮物を作ったり、電子レンジ調理をやめたり、お手当てスープを作るのも…

「今の状態では手いっぱいで、無理や!!」

無理だと言う自分は、怠けている・もっと頑張らなきゃ…
このままでは病気になるかも・心配かけるかも…
これは食べてはいけない・あれは体に良いけど欲しくない…

「食べる」という行為は「生き方」そのものを表す行為でもあります。
中には、今の「食」生活へのアドバイスや評価は、
「自分の生き方そのもの」を、否定されるように感じることもあるでしょう。

 

『もうこれ以上頑張られへん!』あなたへ。
個人的にとっっ・・・・てもお薦めのブログがあります。
「ナイナイイアンサー」というテレビ番組で『魔法の言葉』使いとしてご存知の方も多いでしょう、
性格リフォーム心理カウンセラー 心屋仁之助さん のブログ(書籍も)です。
http://ameblo.jp/kokoro-ya/

決してマワシモノではありません(笑)。
大森の個人的な趣向に合ったので、ご紹介します。

読むと、心の癖を気付かせてくれるかもしれません。
私自身、頭で『解っているつもり』だったなあ、と思う瞬間も多々あり…。
何かと気づかされる部分が多くありました。

ご興味があれば、皆さまにも一読をお薦めいたします。
食事で体質を変えようと、一生懸命、真面目に頑張っている方ほど、
『出来ない自分が情けない』
『解っているのに繰り返してしまう』
『速く速く、速く効果を…』
そんなループに陥ってしまう時もあるでしょう。
そんな時に、読んでみて下さい。

 

私自身も経験がありますし、未だってそんな焦りを繰り返します。
人に噛めと言っても噛めないし、作れないし、お手当てだってめんどくさい時が多い。
でも、前よりはマシ。
ずっとマシだと思います。
そんな風にゆっくりゆっくり、
時には後退しているように見えても、ちゃんと進んでいる。
時には、そんな「ダメダメな自分」を褒めまくってあげても良いのでは。

食事を変えていく時の心の過程は、
結局自分自身とどう向き合うか、ということです。
そのヒントになればと思い、今日はブログをご紹介してみました。

 

credoのプライベートレッスンのテーマは、勉強・実践・フィードバックです。
1年間という長く、そして短い期間ですが、
楽しんで、安心して、自分の感覚を信じる練習をしていきましょう。
「一歩進んで二歩下がり」ながら、取り組んでみませんか?