調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

「中の人」との関係、お絵かきしてみた☆

2015.06.23

 

妊娠34週に突入しました、癒食カウンセラーの米澤万由美です(´▽`)

森三中大島さんの出産に、朝から一人静かに号泣・・・感動です✨
(妊活中からブログをリアルタイムで読んでいたので、グッと来るもんがありました)

骨盤開く陰が極る夏至、出産された方は多かったかな?

私自身は夏至を境に、体調がフッと楽になりました。

妊娠33週~34週あたりに羊水量はピークに達するらしく、
月の満ち欠けや大気の状態で、体中の水加減がダイレクトに変動しているのを実感します。
体も心も大揺れの揺れ(笑)

なんですが、妊娠初期から今まで実践して来た「中の人」との会話のおかげで、
「絶対に大丈夫」って言う腹の底からの安堵と共に、
心から不安定になれるようになったので、ほんまに楽!!(意味不明?)

 

最近は講義でもカウンセリングでも、「中の人」の話を一番最初にお伝えします。
「潜在意識・内臓・インナーチャイルド・魂・胎児・体内神社の神様」etc.
呼び名はお好みで何でもOK。
(私にとって「中の人」は『まゆみちゃん』(潜在意識)であり、胎児とは別個)

 

今回、「私」と「中の人」の関係をイラストでまとめてみました♪

 

『中の人』は、いつもずっとずっとそばに居続けてくれている。

 

ずっとずっと「大好き」って、言ってくれている。守ってくれている。

 

のに、「私」がいつまでたっても気づかない。
あっちが良い・こっちが良い・ここではない・今のままじゃダメだって、
そんな風にキョロキョロ。頭でっかちになって、
『中の人』を無視し続けていると、『中の人』に気づくべく出来事が勃発します。

「ストレス」「問題」「不運」「不都合」って、
『中の人』に向き直すための「ラッキー」な「きっかけ」なんです。

 

(ほんとにね、イラストみたいに、「向き」治すんですよ?
意識だけを向ける云々の話じゃなく、目線を合わせるように自分の体と向き合うんです)

 

『中の人』の声を、

「私」がキャッチできないままスルーしている状態は、

外側・他者に向けて、いつも同じメッセージを発信している状況。

 

エネルギーのダダ漏れ状態です。

 

具体的には、こんな感じ↓

 

せっかく「良かれ」と思ってやってるのに、こんなにもがんばっているのに、
その根本が「中の人」の否定・無視・拒絶であれば、
「良いコト」をやってもやっても、「我慢して」頑張っても頑張っても、

報われない・満たされない・安心出来ない。

 

 

個は宇宙。

 

「神様」は外じゃなく、内に居ます。

「私」と「中の人」の関係が、まんま「世界」と「私」の関係です。

グルグル渦巻く「妄想」は、

「中の人」の気持ちが反射しているだけの「投影」です(脳みそは内臓の鏡です)。

 

あなたがいつも発している言葉はなんですか?
その言葉は、だれかに向けてる言葉でも、
それは「中の人」から「私」へのメッセージ。

 

仲直りの方法は人によって違うから、
自分の発する言葉から本質のメッセージを拾い出し、いろいろ実践してみてくださいね(‘◇’)ゞ

 

* * * お知らせ * * *

 

□ お手当教室(7月は熱中症対策講座)7月11日(土)

□ マクロビオティック料理教室 7月19日(日)

□ 新月・満月に配信のメールマガジンご登録はコチラ