調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

花粉症対策 その2

2012.03.06

春といえば花粉症が心配な方、少なくないと思います。

今回は対策その②、ということで、前回の「とにかく大根を食べる」 に引き続き、
シンプルで誰にでも出来る対策を考えてみたいと思います。

そもそも花粉症って…どこの臓器が弱っているんでしょう?

症状では主に・・・
1 鼻水・鼻づまり
2 目のかゆみ・充血・目やに
3 喉の奥から耳の中にかけるひどい掻痒感(かゆみ)

これらは全て、首から上・皮膚粘膜(体表面)の症状です。

ざっくり言うと

1 鼻⇒肺・大腸

2 目⇒肝臓・胆のう

3 耳⇒泌尿器系

東洋医学では、それぞれの部位が

それぞれに対応する内臓の状態を現すとされています。

まずは、体表面の症状から。
水よりも軽く、

上へ上へと伸びていき、

乾燥させ(水をはじく)、

粘っこくこびりつく…
っぽくないですか?

しかも、黄色~白い色の

分泌物(目やにや鼻水)、

白っぽく黄色がかって

ネバネバした油っぽいもの

なんとなく、チーズやクリームなど…
乳製品っぽい。

青みがかった緑っぽい鼻水は、

青魚の油ともいわれています。

乳製品に糖分(白砂糖)を加え、

体温で温もってドロドロになった状態。

実はこれが、目や鼻から分泌されている物の原因です。

まずは、その原因となるような食べ物を、

一時的にでもやめてみてください。

まずは1日、2日、3日、1週間…

抜いているうちに、
花粉症的症状がない人でも、

白ニキビや女性なら下り物の排泄がある方、

改善しますよ。

穴の通りを良くする食べ物は、もちろん、

『穴の開いている食べ物』です。

今ならカリフラワーやブロッコリー、レンコン、葱などが

オススメです。

あと、レモンや柚子、米酢、梅酢などのクエン酸

油落としに有名です。

さっと湯がいたり蒸したりして、

搾り汁を振りかけて食べましょう♪

CredoLandークレドランド
CredoLandークレドランド

また、体が冷えていると油が固まって出にくくなります。

足湯したり温かいお茶を飲んだり

しっかり冷え対策もしましょう♪

冷え対策には根菜、乾物

全体的に黒っぽい食材がオススメ。

特に小豆。

腎臓を助けてくれるので、

尿としてもどんどん流してデトックス。

『食べたもののように、ひとは成る』
けっこう理にかなっている部分もあって、面白くないですか?

春は1年の中で

最もデトックスパワーが高まるスペシャル・シーズンです。

この時期にどんどん毒素を出して、

きれいにしなやかになりましょう


お問い合わせ先

070-6925-9010

info@credoland.jp