調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

肌荒れの表すもの

2015.12.26

こんにちは、癒食カウンセラーの米澤万由美です。

クリスマスパーティーやお正月、御馳走料理が続く時期ですね(*´▽`*)

 

こんな時気になるのが、胃腸からのダイレクトメッセージである、「肌荒れ」。

 

「吹き出物」と言われるように、本来便尿汗として下から排出される物が体内で溢れ返って、上から「噴き出て」いる状態です。

顔の中でも、特に出現しやすい部位から読み取る、内臓の状態をお伝えします。

 

まず、おでこ。

額中央は小腸、髪の生え際あたりは大腸を示します。
食物残渣の詰まり具合が現れます。
小腸はまだ水分豊富な食物をより細かく消化し、吸収する過程であるため、おでこ中央の吹き出物は小さくポツポツと散らばるような物になりますが、割と早く治る傾向があります。油分やクリーム・チーズ・砂糖とセットになった焼き粉系が多いです。
大腸は水分を吸収し粥状から固形へ食物残渣を陽性化させていく臓器なので、髪の生え際あたりに出現する吹き出物はブツが大きく硬く、痛いし、芯が出てから治るまで長引きます。硬い肉・焼き粉・激辛料理などの刺激物が現れるようです。
どちらにしても前頭部は大脳の状態も反映しますので、頭に血氣(エネルギー)が昇り過ぎて、おでこに過剰分が噴き出てくる仕組みです。
なので、おでこにブツが集中している時は、腸内は便秘状態(排泄があっても出し切れていない)で、かつ、思考も煮詰まっている、と思ってください。特に大腸は「古い思考や習慣」を手放す機会だよ、と教えてくれていますから、自らに「何にこだわっているのか」を問いかけて(*‘∀‘)

 

鼻筋。

鼻の付け根から中央部にかけては胃腸、膵臓などの状態を現します。
ここは単純に、「めっちゃ甘い物!」か、「めっちゃしょっぱい物!」、です。
シミソバカス様に小さくフツフツと浮かぶように出て来る時は甘い物、皺が寄っていたり、浅黒く強張ったような皮膚になっているなら塩辛さで胃が引き攣っています。
両極端な味付けは心も両極端になっている証拠。
ちょっと一呼吸おいて、ほうっとリラックス♪
鼻筋にサインが出ている方は膝・太もも前面・胸・足の甲から中指にかけても引き攣るようになっていませんか?
食べ過ぎだったりもするので、自らの「適量」を中心に。お腹いっぱいなら残しましょう。
言いたいことが言えなかったり、周囲を気にし過ぎている時も同様のサインが出ます。

 

最後に口もと周辺、顎ライン。

ここは、生殖器。
月経前とか荒れやすいゾーンです。子宮・卵巣はお喋りで、主張が強い臓器(なんせ体内神社)!
なので、「食べ物」だけが原因でなく、ホルモンバランスの変動を無視したライフスタイルに対しても、激しく主張して来られます。
お顔の中でも下部臓器を表す顎先は陽性なエネルギーが集中しやすいので、
ここの噴き出た物は硬く芯が出て来るにも時間がかかり、赤くなったり痛みが出たり、つぶれても陥没して痕が残りやすいのが特徴的。
特に大きく膨れて芯の形成までに時間がかかるようなブツは、まるで「卵」のようではありませんか?
下顎は卵巣を示すので、卵子と反発し合っていることが多いです。
ある程度大きくなった所で生姜汁を塗ると(沁みます)、芯が出てきやすくなります。
また、そういった激しい主張が出た時は、「食事」だけでなく、
なにが好きで、嫌いか。
どんな風に暮らしたいか。
自分のために生きているのか。
一度自分に問いかけてください。
それくらい、「肌に合わない」環境に身を置いている可能性を示しています。

 

肌荒れに対して一番良い美容液は、「睡眠」です。
清潔で心地よいベッド環境を整えて、ぐっすり、寝ること。
体を横たえて血氣を内臓に還すことが、なによりの特効薬になります。

 

また、お肌の潤いは粘液が決め手。
骨盤内・骨盤底筋群の循環を促すと内臓(粘膜)全体の温活、腸内粘膜に潤いが戻り、時間はかかりますがお肌への潤いを産み出します。

一年頑張って来られた皆様、せめてお正月休みの間はぐっすり眠ってくださいね。
温泉やお風呂にゆっくり浸かって、温まりましょう(´▽`*)

新しい年が明けたら、つるピカお肌でスタートが切れますように☆