調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

真夏の食べ方

2012.07.20

梅雨が明け、カラッとしつつもとにかく暑い!

真夏の季節が到来しましたね

梅雨の間は体に水分が溜まりやすいので、
胃がぽちゃぽちゃして食欲がなくなったり、
あちこちが浮腫んで冷えたり、湿疹が出たり…悩まされていた方も多いのでは?

梅雨が明けると、今度は夏の猛烈な暑さにさらにダメージを受けている方もいらっしゃると思います。

□ 手足に力が入りにくく、とにかくダルい
□ 全身が冷える(クーラーと外気温の差の影響も含む)
□ 汗をかけずに熱がこもっている
□ 喉が渇いて水ばかり飲む・清涼飲料水が飲みたい
□ 強い塩気が欲しい
□ 興奮して笑い上戸になるor力が抜けたような笑い方になる
□ ドクドクとした心臓の拍動・不整脈

以上の項目に何かしらチェックが入る方、

心身のバランスが崩れて辛い状態ですね。


☆ 特に脱力系・冷え気味の方は

水分・砂糖・乳製品・夏野菜・生野菜(生サラダ)・果物等、
体を冷やし過ぎている可能性が高いです。

梅雨の期間中から体調が崩れ気味だったのではないですか?

該当する方は、

特に上記の体を冷やす食べ物を一時的に止め、
根菜・ひじき・昆布・味噌・梅干し・煮込み料理・スープなどを食べましょう。

特にトマト・茄子・じゃがいも・マンゴー等は大変冷えますので要注意!


☆逆に、熱がこもり汗がかけず、喉の渇きがとまらない方

こちらのタイプの方は、

強い塩気の摂り過ぎが原因の一つです。


味付けが濃いかったり、

グリルした肉・魚・固いパン(毎朝トーストの人!)を多く召し上がる方は、

上手に熱を発散させにくい体質になりやすいです。


特に喉が渇く時には水分よりも茹で野菜や果物、緑茶や麦茶。
熱が籠っている時は、一番熱い部分にキャベツの外葉を貼ってみましょう。
葉野菜・発芽野菜や酢の物、柑橘系果物、梅干し、発酵食品を良く摂って腸内を整えて。




体質によって、食べ物からのアプローチは変わってきます。
一口に『夏バテ』と言っても人それぞれです。

個人個人の過去の積み重ねで取るべき対処法が変わってきますので、

何か一つのことをし続けたり拘ったりはなさらないようにして下さいね。


体質診断に基づく、その人だけの養生食アドバイスは、
ランチやヒーリングコースのお客様にカウンセリングとして行っています。
夏が苦手な方、または夏~秋・季節の変わり目に体調を崩しやすい方も、
どうぞお気軽に体質チェックにお越し下さい。


皮膚トラブルが出現している方が多いですが、

緑茶や番茶で痒み部分を洗ってみると、
一時的に痒みが治まる場合があります。お試しください。
(皮膚トラブルの原因も食べ物です↑)

それでは皆様、快適な夏をお過ごし下さい☆




お問い合わせ、お申込みはこちらまで。

------------------------------—
Tel 070-6925-9010
Mail 
info@credoland.jp
Web http://www.credoland.jp
------------------------------—