調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

相談メール 「咳と熱」「瞼の痙攣」

2013.12.17

こんにちは、癒食カウンセラーの大森まゆみです。
今日は、お客様から頂いた体調相談メールの内容をご紹介いたします。
12月に入った途端、以下のような突発的な症状にお困りの方も
いらっしゃるのではないでしょうか?
解決のヒントになればと思い、ブログでご紹介させて頂く事となりました。

 

『こんにちは、Aです。面談の日から、もう1ヶ月以上が経つのですね。
あっという間に年末で、時の過ぎる速さに驚きます。面談の日は、ありがとうございました。
とても充実した時間でした(^o^)/

今日は、B子(お子様4歳女児)の体調について教えていただきたくて、
メールさせてもらいました。
ここ最近、咳をよくしています。
ずーーっとしているのではなく、急にひどく出て、数日間続いて治まります。
前回その症状が出た時に、あまりにひどく咳が出ていたので、病院に行きました。
そしたら、気管支炎ではないけど、その手前。でも軽いから大丈夫ですよ、と言われました。
それからしばらくして、咳は出なくなったのですが(薬はもらいましたが、B子は、薬を嫌がるのでほとんど飲んでいません)、1週間ちょっと経って、また昨夜から咳がいっぱい出ています。熱は上がらず、前回も今回も37度前後です。
去年はこの時期に下痢をしていましたが、今は逆に便秘で、おなかが気持ち悪いと言って、何回もトイレに行きますが、出ないという繰り返しです。
今日の朝は久しぶりに気持ち悪い分が出せたようで、トイレに入る前は、お腹痛いと言っていましたが、終わってからは、お腹痛いのがなくなった!と言っていました。
便秘しているので、できる限り、小麦は控えようと思って、パスタやうどんはできるだけ減らしたり(夫が大好きなので、週1回か2回は食べてます)、
パンよりごはん!にしています。
お菓子は前より欲しがらなくなりました!
お腹すいたら、ご飯が食べたいと言うようになりました。

夏頃?にも咳がひどく出た時があって、コーレンを買って、飲ませたのですが、
コーレンは陰性の咳の時ですか?B子は陽性の咳かな?と勝手に思っているので、コーレンは違ったのかな?と今更ながらに思っています。
押し麦をお米に入れて炊こうと思い、押し麦を購入したのですが、1割ほど白米に混ぜるくらいで良いのでしょうか?
最近、B子が「きのこが食べられるようになった!」と言い出し、料理にきのこが使えるようになりました!
今、面談の時にいただいた処方箋を見ながら、もっときのこを使おうと思いました。
面談の時にいただいた処方箋は時期によって、内容が変わりますか?

今の現状報告と質問が混ざってしまいました…。
解りづらい文章になっていたら、すみません。
B子の咳やお腹の気持ち悪さは何の排毒をしているのでしょうか?

お忙しいと思いますが、ブログでもメールでもどこでも構いませんので、
どこかでご回答いただけると嬉しいです!
よろしくお願いいたします。

すみません、もうひとつ!
そういえば、2、3日前から、私の右目瞼が、よくピクピクピクピクと痙攣します。
これは何かわかりますでしょうか?もしわかれば、教えてください!
たくさん、質問して、すみません!よろしくお願いいたします。』

 

返信した内容が以下です↓
※Aさん、B子ちゃんの過去の状態・体質を想定しながらの返信なので、誰でもが当て嵌まるわけではない事を御断りしておきます。

 

『Aさんこんにちは、大森です^^おひさしぶりですね♪
さっそくご質問に対してお答えしていきたいと思います!

Aさんご自身は陰性(『ピクピク』=筋肉のけいれんは、陰性のサインです)、
B子ちゃんは陽性のサインだと思われます。

B子ちゃんへは…
1)大根おろし:りんごおろし(大匙2杯ずつくらいを混ぜて。食べにくければりんごの割合を増やして)+レモン汁少量を加えたものを、朝・夕方に作ってあげてください。
朝のお味噌汁を人参大根ドリンクにしても良いと思います。
2)生姜のしぼり汁小さじ1杯:ごま油小さじ1杯を混ぜあわせたオイルで、
腹部全体・喉周辺(胸部)のマッサージを(お風呂上がりなど体が温まっている時に)。
お腹は、指全体で優しく腸を押すようにマッサージしてください。
呼吸器と大腸はつながっているので、大腸のつまりが今回の咳を呼んでいる可能性もあります。便秘解消は最優先です。
3)喉のマッサージが終わったら、キャベツの外側の葉を喉に巻いて(外れないようにハンカチなどで巻いて)寝て下さい。
4)りんごジュース・りんごの摩り下ろしをいれた葛湯を作って、就寝前に飲ませてあげてください。
最後の仕上げに梅酢をほんの数滴落として作ってください。
5)春の食材・調理法が良いです。押し麦ごはん(白米に対し1割~2割で◎)を、干し椎茸の出汁・ねぎ・生姜・もやしやスプラウト・大根や長芋のすりおろしなどを加えて粥を作っても良いと思います。
食卓が根菜料理・煮物・煮込み料理ばかりになっていないかも見直してみてください。
6)気管支炎の診断がおりるほどの状態であれば、B子ちゃんが嫌がってもお薬(抗生物質だと思われます)を服用された方が良いと思います。
一度きちんと治して、それから再発しないように養生食やお手当を用いて体調管理をしていくほうが方が、今後のために良いのではないかな?と。
咳で睡眠不足となり体力が低下すれば、抵抗力もあっという間に下がり、発熱してくると後の快復が遅くなるかもしれません。
Aさんご自身にとっても、二次感染予防を兼ねて、ゆっくり安眠し休息をとることは大切になりますし…いかがでしょうか?

コーレンは痰や鼻水が絡んだ陰性の咳の時には良いと思います。
けっこう強めの陽性お手当法です。
(今さらですが…)小さなお子様へのお手当としては陽性・陰性両刀の蓮根湯の方が良いかもです(私の個人的な見解です)。

Aさん自身は極陰性の摂取量を見直してください。
『癒食研究ツイート』ブログの癒食研究167の内容を確認して頂いてもよいでしょうか?
B子ちゃんにとっても、今、極陰を摂ると発熱する恐れがあるので、ちょっと注意が必要です。
B子ちゃんの咳の原因は極陽と思われますが、実際会ってみないとちょっと断言しかねます。
少なくとも治まるまではパン・乳製品・煎餅・ゴマ塩ふりかけなどは避けておいてください。
うどんやそば、にゅうめん等は良いと思います。
温かいスープと一緒に食べて下さい。
それでは長くなりましたが以上です。
B子ちゃん、早くよくなりますように!
またご不明な点がありましたらいつでもご連絡下さい。』

 

このような体調・体質相談は、基本的にメールでは行っておりません。
例外として、A様のように面談やレッスン、何らかの形で『実際にお会いした』方であれば、メールでのご相談を受けています。
実際に会ってみると、陽性と思っていたら実は陰性状態、両極だけど陽性寄りの体質、
という事がいくらでもあり得るので、メールではざっくりとしたアドバイスしかできません。

ランチは火曜日・水曜日と限られていますが、
『健康相談』は日程を調整することが可能です。
詳しくは相談内容と共にお問い合わせ下さい。