調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

婦人科系疾患について

2013.03.11

おはようございます、癒食カウンセラーの大森まゆみです。
春になるとカラフルなワンピースや柔らかい素材のスカーフとか欲しくなりますね♪
ピンク・オレンジ・レモンイエロー・ブルーホワイト・オリエンタルグリーンetc.
フリルやレースやシフォンやら…
「女の子女の子」したくなる、春のエネルギーを感じる毎日です!
そんな「女の子♪」なエネルギーが不足した時や、うまく循環させられない時に起きるのが、
婦人科系(生殖器系)トラブルです。

私たちの心身に巡る、陰陽のエネルギー。
頭のてっぺんにある窪みから入り、体奥へ下降していく陽性なエネルギーと、
大地から沸き上がる陰性なエネルギーは、生殖器から入り上昇し頭から抜けていきます。
陰性なエネルギーは上へ外へと上昇し拡がっていくので、体の表面・上半身・皮膚などを、
陽性なエネルギーは下半身や下腹部の臓器・中心部(骨・神経)を作り上げます。

子宮・卵巣などの生殖器系は、下腹部にある大腸・直腸・腎臓・膀胱と並び、
陽性な臓器にあたります。
ただ、同じ陽性臓器の中でも、袋状に膨らんだ子宮は、より陰性。
子宮より小さく、凝縮した卵巣は、より陽性と考えます。
陽性な臓器は、陰陽両極性に偏ったエネルギーに影響を受けやすく、
特に女性生殖器系は『極陽性』な食事や生活習慣の負担が強く出現します。

【子宮筋腫】―子宮の筋肉層内に筋肉の塊が出来る状態。
陰陽の観点から言うと、本当はやわらかく拡がっていたい子宮空間への、強い凝縮性が働いている所がポイントです。
これは、体全体の極陽性エネルギー過剰を表しています。

【子宮内膜症】―月経血の一部が残存し子宮以外に内膜が増殖する状態。
本当は月経時に経血として排出する子宮内膜。
膣から排出するには『押し出す』(陽性)力が必要です。
本当は出したいのに押し出せない―陽性不足か、排出に逆らう程の極陰性な偏りがあります。
筋腫も合併している場合が多くありますが、こちらは極陽性な影響もあります。

【卵巣のう腫】―卵巣内に脂肪や液体が溜まる柔らかい腫瘍。
卵巣は卵子のもとになる原始卵胞細胞を数百万も抱える、
女性内で最も陽性な器官です。
陽性な臓器に出現するトラブルは時間をかけて進行し、
自覚症状が少ないのが特徴的。
肝臓と並び、卵巣も実は「沈黙の臓器」と呼ばれています。
そんな陽性な卵巣に凝集してくるのは『極陽性』なエネルギー。
腫瘍が肥大すると捻転し痛みも生じます。
そして、肥大を進ませるのが『極陰性』の作用です。
卵巣のトラブルには、両極性(特に極陽性)が絡んでいる事が多いようです。

女性は卵巣という極陽性な臓器を抱えるため、陰性なエネルギーでバランスを保ちます。
適度な陰性力は『女性の構造』を作りたくなります。
柔らかい肌・長い髪・乳房・高い声・排卵と月経・適度に低い体温etc.
陰性な構造を持つ女性は、陽性な構造を持つ男性を求め、新しい陰陽を生み出します。

今症状がなくても、
今緊急的に治療が必要でなくても、
今治療中の方であっても、
『女性性』(陰性力)は不足していないか確認を。
心も体も男性化(極陽性化)していないか、見てみましょう。
また、男女の組合せは陰陽のバランスです。
パートナーの『問題』が見える時、自分の陰陽が崩れていないか振りかえりましょう。
自分が偏る程、パートナーは真逆の方向に傾き、バランスを保ってくれています。

例えば…
明るい色の、フワフワとした可愛らしいスカートはいつ履きましたか?
肌触りが優しい素材の服や下着、ゆったりとした着心地の洋服、持っていますか?
声が野太く、低く、かすれていませんか?
口髭や体毛が濃くなったり、筋肉質な体付きで常に熱く火照ったりしていませんか?
勝ち負けに拘り、闘争心が強くなり過ぎていませんか?
激しい運動や、過密なスケジュールが心地よいと感じ始めていませんか?
赤ちゃんの泣き声や、犬猫など哺乳類の鳴き声にイライラしませんか?
最後に、いつ泣きましたか?

まず、スカートを履いて大地から陰性力を受け取りましょう。
黒や茶色でガードしないで、優しい色合いを細胞に浸透させてあげて下さい。

この世で最も陽性な食材『塩気』はどんどん控えめに。
女性は、既に体内に数百万の『卵』を抱えて産まれてきます。
それ以上、体に卵食品(鶏卵・魚卵)を入れないで下さい。
子宮の潤いを奪うのは、パサパサに乾燥した焼き粉です。
粘液がドロドロし過ぎなのは油分・乳製品が多過ぎです。

モヤシ・三つ葉・葱・スプラウト・貝割れ大根などの発芽野菜。
小松菜・春菊・水菜・かぶの葉・大根菜・セロリ・クレソンなどの青菜類。
春キャベツ・白菜・南瓜・玉ねぎ・かぶなどの球形野菜。
ヨモギ・タンポポ・山菜類やハーブ類。

春が旬の食べ物は、体内の浄化に役立ちます。
春は『女性』がキラキラする季節です。
どうぞ、心躍るまま季節の空気を取り入れて。
楽しむことが一番です♪

まずは春もののワンピ、買いませんか?