調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

体質チェック結果 その2 心臓・小腸

2012.06.19

4月から始めた新しいサービス、『体質診断チェック』


credo にランチに来られたお客様全員に、

体質チェック表に記入いただき、陰陽五行を用いて体質を診断し、
状態に応じた食事アドバイスをしています。

今の季節に表面化しやすい内臓のSOSで、

前回は「腎臓・膀胱」でしたが、
今回は「心臓・小腸」です。

特に本格的に暑くなってくるこれからの時期、

以下の症状が出やすい方は要注意ですよ~。


身体症状
□ 鼻先のトラブル(ニキビ、発赤、汗をかくなど)
□ 舌や下唇をよく噛む
□ 不整脈・動悸・息切れ
□ 頭髪に悩みがある
□ 夏・もしくは昼頃が辛い


精神症状
□ 常に緊張感がある
□ 不眠症(寝つきが悪い)
□ 仕事をしていないと落ち着かない・ワーカーホリック
□ リラックスしづらい
□ 熱血・情熱的なタイプ


以上にチェックが入る方は、

過去にこんな物を好んで食べて来られていませんか?
□ カレー(ハーブや香辛料等のスパイス類)
□ 赤身の魚やお肉(塩焼きや焼き肉)
□ 加工食肉製品(ハム・ベーコン・ソーセージ)
□ 熱帯産の果物(マンゴー、バナナ、パイナップル等)



心臓・小腸が弱っている方は、

これらの臓器を活性化させる『苦味』食材を求めています。
その結果、実は心身にとっては負担である苦味→珈琲(特に濃いブラック好き)やビール等で欲求を鎮めようとする傾向となりがちです。


心身にとって本当に必要な苦味は、

夏野菜の苦味になります(摂り過ぎても負担です)。

ズッキーニ、胡瓜、トマト、カブ、根菜(人参・大根)の葉部分、紫蘇、蒟蒻、ユリ根、パセリetc.

以上の物をなるべく意識して食べてみましょう♪


同時に、夏にダメージを受ける方の多くは、過剰な塩気が原因です。
今のうちからお塩の質を見直して、

少しずつ味付けを薄味にしてみて下さい。


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


心も体も、土台は『これまで食べてきた物』

作っていくのは『これから食べる物』です。


自身の体質や体調に合わせて、先ずは何をどう変化させるのか、
一緒に考えてみませんか?


ランチ&ディナー、プライベートレッスン等のお問い合わせはお気軽に☆




お問い合わせ、お申込みはこちらまで。

------------------------------—
Tel 070-6925-9010
Mail info@credoland.jp
Web http://www.credoland.jp
------------------------------—