調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

体調不良は、「頑張って来た証拠」

2016.12.08

 

体調不良によるご相談を、

プライベート含め立て続けに受けております。

 

冬は、寒さから身を護る腎氣(陽氣)が消耗する季節です。

腎氣とは、寒さによる冷えと疲弊=陰虚からの回復を図る「生存本能」です。

 

腎は水分代謝を司るため、

五行(木火土金水)では「水(すい)」に属する臓器だけれど、

「命の火」と言えるエネルギーを宿す臓器。

 

私たちの「元気」は、

この腎氣(天然)と脾氣(養殖)の二大気力で成り立っています。

脾氣は飲食で作られる後天的なエネルギーですが、

腎氣は生まれながら誰にでも備わっている回復力であり、成長力。

 

女性は7年、男性は8年ごとに消耗しながら成長発達し、

年老いた時は残量が健康美容の予備力になります。

生まれつきパワーが弱い(骨・耳・聴覚・頭髪・歯などが弱い方)方もいるし、

「恐れ」と直結し心身を防御する際使う力なので、

ストレスフルな環境で生きてきた方は「命の火」を燃やし過ぎて、

持っている予備量が少なくなっていることがあります。

 

この腎氣、

「眠り」でポイントが回復します(^^)

 

人も動物なので、冬になると体は自然と「冬眠」モードになります。

とにかく眠い、しんどい、重だるい、イライラ、悲観的、太る、不調etc.

腎氣の残量が低下している時、

体は、言わば「バッテリー残量回復モード」になっているのです。

 

とにかく眠れ、眠れ、陽氣を蓄えよう、とします。

 

一年の締めくくりである冬、体が、息も絶え絶えになっているのです。

この燃費切れを防ぐために、晩夏の「休憩時間」が肝になります。

参考:「物事の進め方、五臓の役割 」

 

今、不調が出現している方は、8月後半から9月にかけて、

「本当は休みたい」「ゆるみたい」のに、

突っ張り棒のように、踏ん張って、頑張って来た方々ではないでしょうか?

 

 

病気や不調は、「頑張った」証拠です。

 

「生きてきた証」

 

だから、今はただ、休みましょうよ。

 

病気や不調を言い訳にして良いから、

「痛いから」「しんどいから」「もう大丈夫じゃない」「無理」って、

ちゃんと休もう。

ゆっくり寝よう。

居留守しよう。

お昼寝もしよう。

日向ぼっこしよう(最大の陽氣チャージ法です)。

しもやけの方は、お皿洗ったり風呂洗い、家事を人に頼ること。

紙皿でも良い、使い捨て。

どうしても水に触れるならゴム手袋を二重にして冷やさない。

高価な傷テープを使うこと。

患部が濡れたらその都度清潔タオルを使っては洗濯機へポイ。

服や下着の締め付けを解放。

心の締め付けも開放。

 

背中(腎)に手を添えてもらおう。

人から力(陽氣)をもらいましょう。

 

自分では、触れない場所だから。

 

xlight_00019-jpg-pagespeed-ic-cwrezpdfjt

 

「休む」「楽をする」って、本当に覚悟が要るんです。

頑張る方が楽なんです。

「休む」「楽をする」ことで罪悪感がめっちゃ刺激されて痛いから。

その痛み、実は頑張っている最中もずっと心を刺し続けてるけど、

でも、目の前に『問題』『やることが山積み』の刺激があると、

一時的に心が現実に麻痺するから、楽なんです。

 

麻痺した心の痛みが、時を経て、体の痛みになって出てきてる。

 

だから、痛い時、しんどい時は、

ちゃんと向き合ってあげたら良いと思うのです。

 

「痛み」「みじめさ」「悲しさ」「悔しさ」「恐怖」「不安」

 

ずっと『ない』ものとしてきた感情を、味わう。

泥沼のような気持ちに、ちゃんと浸りきる。

めちゃくちゃ、しんどいけどね。

真っ暗な心のヘドロ、飲み込んできた言葉をオエーッオエーッと嘔吐したら、

体、楽になるよ。

陰が陽へ転換する。

 

 

なんの話だったっけ・・・
 

 

そうそう、結論!

今の時季にしんどい人は、

寝ることを目下早急に大事にするべし。

寝るために生活すべてを整えるべし。

寝具・寝室・睡眠環境を「大好き♡」な物・質・香り・照明でそろえるべし。

眠るために太陽に当たるべし。

眠るためにやさしい味わいの料理を食べるべし。

風呂・温泉・岩盤浴・足湯・ホッカイロなどで熱(陽気)を補給すべし。

 

眠れなくて、いいや。

こんだけして眠れなくても、まあ良いや。

スマホ見て眠れなくなっても、まあ良いや。

そんくらいのゆるい感じで、自分を許してってあげたら、良いと思う。
 

もっと言ったら、

「治らなくっても、いいや」

 

「このまんまで、いいや」

 

怖いけど、そう思える時がきっと来る。

 
そしてその時がたぶん、腎氣(自信)が回復してる時だと思うのです。

 

自信はつけるものじゃなくて、つくもの。

 

勝手に灯る心の火。

 

命の火。

 

 

 

* * * * お知らせ * * * *

 

【Facebook】
「いいね!」お願いします♪

 

【メールマガジン】
新月の日に配信しています。

 

【望診セッション】
電話・対面セッションで心と体の意図を知る。
後日、体質に合わせたお手当レシピとアドバイスシートを郵送いたします。

 

【美脈をひらくお茶会】

53467765

顔から見る体・内臓のサインを人相学と家相につなげ、
個人の内側から外見・お部屋まで、「美しさ」をパワーアップさせるお茶会♪

残席1名様です

【日 時】2016年12月21日(水)14:00~16:00
【場 所】神戸・元町 香港甜品店 甜蜜蜜【参加費】4,000円(スイーツセットの料金を含みます)
【申込み】満席となりました。