調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

『エネルギーヴァンパイア』、飢えた者同士の戦いを終わらせる

2017.08.15

 

前回の記事「助けてください→なのに返信ない、そういうとこですよ」
かなりドキドキしながらアップした記事ですが、温かく迎えて頂き、かなりホッとしました。

私の中では炎上記事でした( ;∀;)

 

自分に言葉が返ってくるブーメランな想いですが、
「いいね」してくださったみなさん、未熟ながらもこうして自分の言葉を出す勇気になりました。

ありがとうございます。

 

あの記事を書いた後に出てきたのが「エネルギーヴァンパイア」。

・エネルギーヴァンパイアとは?その特徴と危険性

 

「エネルギーヴァンパイア」って、
承認欲求と自己否定が強くなると誰でも陥る可能性があるし、私自身もその傾向は強かったと思います。

 

承認と肯定に飢えている人をヴァンパイアにさせるのは、
「エネルギーちょうだいちょうだい」した人を、「断れない」人。

 

『優しい』けど「自分のキャパ超えでもお願いを断れない」のは、
承認と肯定の飢えから来る行為。

嫌われたくないから施す(自己保身の)優しさは、
結局どれだけ与えても与えても空ぶって、求められ続けます。

「今はちょっと無理」とか「ここまでなら手を貸すよ」と余裕の範囲なら、
それは与える側にとって「奪われるエネルギー」にはならないし、

私自身もレベルアップや記事ネタ、時にセッションなど営業利益につながるので、
『無料相談』はむしろありがたいものです。

数ある中からよく私を選んでくださいました( ;∀;)!!です。

 

そうは言うものの、無料相談の方へ本心から「ありがとう」の気持ちになれるには時間がかかりました。

ご相談メールが来るたび、

プライベートを全部置いてけぼりにしてそこに集中してしまっていたからです。

返信が来るたび、その人が納得して「米澤さんに相談して良かったです」と言ってもらえるまで、
答え続ける(今思えば誘導)。

まさに、承認欲求に飢えた者同士の戦いです(-_-;)

 

気持ちや時間、手間暇を「奪われている」と感じた時、
自分自身が病んでいる(余裕がない)のに他者へエネルギーを廻し過ぎている兆候になります。

 

「エネルギーヴァンパイア」だと思う対象が現れるのはけっこう末期状態(体からの最終通告)で、
それ以前に家族やパートナー、仕事、友人などに尽くしている、その末の「臨界点を溢れた最初の一滴」な出来事です。

 

そもそも「吸血鬼(ヴァンパイア)」って、死んでるから自分で血が作れないんですよね。

でも、私たちは血もエネルギーも、自分で作れます。

 

 

今でも、長文のご相談メールが届きます。

不幸な生い立ちや『出来事』が時系列に書かれています。

特徴として、『出来事』は書かれてるけれど、そこで自分がどう感じたか・その時気持ちはどうだったかの記述が少なく、

総じてまとめて最初か最後に「しんどい」「辛い」とコメントがされています。

「どなたか気持ちを話せる相手はいますか?」
「パートナーやご家族には今の辛さをお伝えできますか?」と聞くと、

「周りに話せる人はいない」「いつも孤独感でいっぱい」というお返事も多いです。

それで、パンパンに膨らんだ風船に針孔が空いたかのような、

『状況説明』メールになるんだと思われます。

「長文メールが悪い」とか、そういう話ではありませんので、

どうかもう少しだけ、読み進めてください。

 

 

それで、ずっと考えていたんです。

開業して7年ほどになりますが、「心から来る未病・心身の不調(摂食障害や片づけられない・パニック)」などのご相談が多く、その根底には「気持ちを打ち明ける相手がいない」「強い孤独感」がみなさんにあります。

 

 

これは、どうしたら良いんだろう??

 

 

「孤独感」こそ、すべての不調の始まりじゃないか?

 

 

食べ物で孤独感は治るのか???

 

 

ずっとご相談者さまの言う「孤独感」が気がかりで、

「相手は『大変だね』って言って欲しいだけだから、ある程度返したら放っておくしかないよ」

と同業者に言われても、

「どうしたら良いんだろう?」と思い続けてきたのは、

私自身がその孤独感を抱えていたからでした。

 

誰かに満たしてもらうことはできない。

私が相手に与えることもできない。

 

なぜなら、その器は自分で満たさない限り、

延々と『欠け』に気が付くため、

わざわざ飢餓感を覚える相手だけ・出来事を求め続け、巡り合う仕組みだから。

 

そんな、人の孤独感が気になってしょうがないほど自分の孤独感にも麻痺ってた私ですが、

その『欠け』をまず自覚し痛感し、そして少しずつ満たし、

いつの間にかそれが外側に反映されて、

「今まで欲しくてたまらなかった言葉・態度をしてもらう」結果へつながった一連の流れを、振り返ってみました。

 

今は、かなり揺らぐことはあっても、

『わかってもらえたらラッキー、わかってもらなくても仕方ない。私は、私を表現する』

この心境に至れたのは、私にとって大きな「安心」という収穫で、安定した土台になっています。

 

居場所感。

主軸が自分にある安定感。

 

もし、今孤独感や周りに振り回されている感がいっぱいで、

私と同じような「安心感」「安定感」を得たい方がいらっしゃれば、

これからご提案する方法を一つ、試してみてください。

とても簡単です。

 

次の記事に、

「孤独感」「承認と肯定の飢餓感」の無限ループから、

少しずつ抜け出せた方法をまとめます。

 

 

 

 

* * * お知らせ * * * *

 

共感した記事のシェア、お願いします
メッセージやご質問も頂けると嬉しいです(*´▽`*)

→ お問合せフォーム http://credoland.jp/contact/

 

【Facebook】ページに「いいね!」もお願いします

米澤万由美個人にもお友達申請歓迎です

 

【メールマガジン】

不定期配信、基本的には新月の日にお届けします

 

【望診セッション】

お顔や骨格・手相から内臓状態と運氣(素質)をお伝えします。

o2048136513837833891

事前に手とお顔の写真を拝見して、望診・人相学的所見のレポートをお送りします。
『勉強したい』方へ、事前に必要テキストを送信しますので対面学習にも応対できます。

・対面90分1万円(三木市・三宮)
・スカイプセッション・LINEセッション90分5,000円

 

心と体をエネルギーで料理する【陰陽五行基礎講座】

~10月15日開講~

20160724_104126

命を満たして「自分らしさ」の再確認、望診の基礎を学びエネルギー五行の実践講座。
申し込まれた時から講座終了までの半年間、グループフォロー。

○全6回 126,000円(税込)
○毎月第3日曜日10:00~16:00
神戸・三宮の中心「センタープラザ西館6階」

 

 

≪8月のイベント講座≫

【新月の“美運と健康を引き寄せる、顔読みプチ講座】

望診法と人相学を用いて、トラブルの原因と対策や運気アップのポイントをお一人ずつお答えします。

●日時:8月22日(火)10:00~12:00
●場所:三木パナホーム展示場
●参加費:2,000円・要予約