調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

「旦那に寄生する、この専業主婦!」発言で、問われる自尊心

2017.02.10

 

さっきママ友とランチしてたんだけど、

Screenshot_20170210-153409

以前Facebookページに投稿した「旦那に寄生する、この専業主婦!!」っていう内容に、めっちゃ共感したんだって( ;∀;)!

いろんなママ友つながりで旦那とのアレコレ、経験談を噂話。

「俺の稼ぎ当てにしてる?」「いつから働くの(乳児含む二児ママへ)?」
「あなたが復職するなら俺会社辞める」「やってやってるのに文句言うな」とか。

もうさー・・・なんかすっごく腹立たしいし、悲しくなった(T_T)うわあああん、ひどいよ!!

 

専業主婦もそうだし、病気怪我、育児介護、いろんな理由で「自分の稼ぎが得られない」「誰かに頼らざる得ない」状態になった時って、

その人の自尊心が一番試される時だと思う。

 

なぜ夫との話でこんなにも強烈に響くかと言うと、私自身もそうだからだ。

例え誇りを持って仕事をしていたとしても、
それが(満足できるほど)稼げていない額で、「趣味でしょ?」と片付けられる時。

看護師としてプロフェッショナルしていても、退職後は、喪失感(これは仕方ないとして)や、
稼ぎがなくなり、人に養われる・世話される状況に、無価値観が吹き荒れる。

稼いでいない=弱い立場、我慢しないといけない立場、という思い込みで、
我慢の平常化、願望の風化、八つ当たりされても「仕方ない」と流す癖。

「やって当たり前」が続く日常だから、褒められないのに慣れている感覚の麻痺。

「辛い」「苦しい」「いっぱいいっぱいです」が言えず、
その想いが相手に投影されて、余計こんがらがって自分を殺す無限ループ。

 

根本にあるのは、「役に立っていない」罪悪感。

親の人生の複写的生き方。

さらに言えば、「役に立つ」の意味の勘違い。

そういうのを一つ一つ解釈して、事実と妄想の確認作業を繰り返し、自尊心を立て直す作業が必要だ。

コミュニティの中で「弱い立場」へエネルギーが吹き溜まるのは自然現象。

だけど、その淀みを最後の受け手が良しとしてしまうと、コミュニテイーは瓦解する。

(「弱い生命体」は、そのコミュニテイーや種族の進化・強化を促す存在なんだって。)

 

「私は、八当たられる存在ではない。それを良しとはもうしない」

「誰かと比べて、私は恵まれてる、辛くない。
そういう比較で私の気持ちを量るのではなく、今、この瞬間の気持ちを、ただただ、表現するだけ」

「私はこうしたい。が言えない。相手と交渉の席にすら着けない。え?私、奴隷?」

「灯油缶、空だからお願い」すら言えなった。
(私にとって重労働だから、夫にとっても嫌できつい作業だと思い込んでた。確認したら、違った事実)

 

家事育児が「やって当然」「みんなしてる普通のこと」で、仕事しているのが「特別」なんだとしても、
仕事だってどんな職種であれ、「みんなが生きるためにしている当たり前のこと」なんだよね。

だから、「仕事も特別じゃない。普通じゃん」と言いたいわけじゃなく、
「当たり前」「当然」って、すべて「特別」「スペシャル」なんだよ、ってことだと思う。

ウシジマくん「サラリーマンくん」』編を読むとほんとそう思おう。

 

冒頭の男性(夫・働いている人・世話する側の人)の人の発言を聞いて悲しくなったのは、
そういう発言をする人は、そんな風に思って自分を抑圧した生き方・働き方してるって感じるから。

一番身近にいる大切なパートナーを「お荷物」と思ってしまうような、
切羽詰まった仕事の仕方、いつまで続けるの?

「自分のことも自分でできないのに、何言ってるの?」
「稼ぐ力や実績がある人だけが、物を言う資格を持つ」
「実績がある人だけが自尊心を持てる」

過去、私が働いている時に思っていた台詞そのまんまを、ぜんぶ言われた。

 

誰にも頼れない、ミスしたら全部私の責任、ミスは許されない、そう思うと簡単な仕事も他人に任せれない。
昇進して、お給料が上がって、実績を積んで、そしたら、いっぱしに物が言える。
プライベートは、遊びは、やることやってからが当然。
自分の気持ち?プライベート?そんなの言い訳でしょ??後回し。
体調不良?38度熱があっても、解熱剤飲んで働くのが社会人としての責任でしょ??

 

20150626144219

犠牲の上の幸せは、犠牲を望む。

人と自分を追い詰めて抑圧するほど、
自分より楽そうにしてて、かつ立場が弱い人へ、嫉妬(その時は怒りに燃えて嫉妬に気づかない)が吹き荒れる。

20150626144227

だから、
あなたもあなたらしく幸せな働き方を見つけて欲しい。

幸せになるのを、赦して欲しい。

 

専業主婦になって、家事育児、ずっと少ない仕事(みたいな遊び)をしながら、
いつも私は、自尊心を試され続けている気がする。

「アレ?」っていう違和感(寂しさ)が、どんどん膨らんでいく。
膨らんだ怒りは、夫への怒りでもある(この私にこんな扱いしやがって!!とか)と同時に、
最初に感じた違和感を放っておいた、自分自身への怒りだから。

 

「流す?反論する?怒る?もうちょっと考える?誰かに愚痴る?」

「どんなことをしてもいい。自由に選んでいいよ」

「さあ、どうしたい?」

って、いつも自分に言って、スイッチを入れる。

 

一番大事なところで怒りを出さないと、しょうもない理由でお金の流れが停滞する確率は高い。
気持ちの停滞は体の停滞と、財布の滞りになる。

ちゃんと燃やし尽くしたら、絶対ご褒美現象(臨時収入や願望成就、プレゼント、申し込みetc.)が起きるので、
やる時は気合を入れて、燃焼のために戦闘(エネルギーのセックスみたいなもんだと思う)する。

ファイティングに挑む時は、もう、必死。
「もう止めよう、これ以上いいじゃない」って押しとどめる自分と、
「これでしこりを残したら、分割払いになるだけ。私は私の腹に今、留めを刺す」
という自分がせめぎ合ってる。

結果を得ようとしない。結果は関係ない。

もし別れる別れないになっても、結論を決めるのは、私だ(という自覚)。

どんな結果になっても、私自身が納得してその道に進むために、必要な儀式。

 

無理していい奥さんしよう、いつも笑顔でいよう、夫を立てよう、褒め称えねぎらおう、ってしてた時は、
心の底で夫を、男を、馬鹿にしてるんだよね。「簡単だね」って。

腹の底から向き合う過程にチャレンジすると、
「ああ、そんなこと思ってたんだ」「こんなエネルギーがあるんだ」「それでも、向かってくるんだ」
「こんなでも、一緒に居ようって思ってくれるんだ」って、安心とリスペクト(と、ちょっとした危機感)が生まれる。
それは、仕事の成果や給料額云々じゃなく、夫という人間性に対する気持ちが生まれた。

 

基本分かり合えないから、
「こうしたい」「これは好き・嫌い」は軽ーいニュアンスで日常的に発信する。

言えなくて腹の中に思いが溜まってくると、
言いたい言葉が重くなって、伝えにくくなる(相手も身構えて聞く耳が蓋閉まる)。
余計、真面目な難しい顔して、「ちゃんと『わかってもわなきゃ』って、がんばらなきゃいけなくなるループ( ;∀;)

 

軽ーく伝えるために、思いを分割に出す作業。

それが、個人セッションの内容です♪(こないだ講座の最後にちょっとだけやったやつ)

最後にちゃっかり宣伝ヾ(*´∀`*)ノでした!

 

 

 

* * * * お知らせ * * * *

 

記事の転載・シェアはご自由にどうぞ(^^)

 

【Facebook】
「いいね!」お願いします♪

 

【メールマガジン】
不定期配信。基本的には新月の日に配信します♪

 

【望診セッション】

電話・対面セッション受け付け中。
心と体の意図を知ると、「自分らしく」楽に生きれる♪
後日、体質に合わせたお手当レシピとアドバイスシートを郵送いたします。

 

【ゆるふわポンと、ひらくCall/Messenger】

悩みがなくても気軽に話そ♪
愛もご縁もお金も、受け取り放題美人になろう✨✨

メール、電話は応相談

90分¥10,000

 

【2月開講 望診法基礎講座】

1483772452710

陰陽の概念から人体の成り立ち、内臓の働き、
顔の内臓分布図や経絡など、「望診」の基礎をお伝えします。

【 日 程 】
第1回目 2017年2月19日(日)
第2回目 2017年3月19日(日)
第3回目 2017年4月16日(日)

【 時 間 】 10:00~16:00
(12:00~13:00は休憩時間です。)

【場所】株式会社 神戸サンセンタープラザ

 

【望診ミニセッション会】

【日 時】2017年2月23日(木)
【場 所】カフェテラスしゅう
【金 額】お一人様20分2,000円
【ご予約】10:00~10:30
10:30~11:00
11:00~11:30
11:30~12:00
【お申込み】お問合せフォームへご希望の時間帯をご記入の上お申し込みください。
Facebookページへのコメントも受け付けます。

 

【その後いかがですかお茶会】

53467792

満席になりました、ありがとうございました♡