調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

「誰かを良くしたい欲求」の、向こう側の気持ち

2017.01.24

 

【個人セッションのご感想】の続きです。

 

 

私、マクロビオティックを始めて2~3年経った頃、
師匠の望診個人カウンセリングを受けたんです。

 

体重ももとに戻ってて(就職して30kg太ったから)体調不良も治ってたんだけど、
このまま看護し続けていく自信がなくて。
もっと、自分に合った職、人生の道しるべ的なアドバイスをもらえるかなって思って。

 

「あなたはコレがいいわよ!!ズバーッ」みたいな。

 

もちろん、そんなことは言われないし、しっくりくる言葉もなく、
三万円も払って肩透かし食らったような気になった!

「え?こんなもん!??」って、鬱屈した(笑)。
全部を相手に丸投げしていたあの自分を振り返ると、そりゃそうだな、と懐かしく思う。

でも今振り返ると、最高にしっくりこなかった個人カウンセリングは、
望んだ通り、仕事も生き方の方向性も、
まるっとその後数年かけて変わった折り返し地点だったと思う。

(当時の私は、受け取る感知器が麻痺してたみたい)

そんな『しっくり来なさ感』を抱えながらも、何故か響くものがあった。
その勢いで、当時同居していた友達が、私には重すぎるくらいとっても悩んでいた時期と重なってて、
友達の分の申し込みをしたのね(←おいおい)。
もちろん私の先支払いで。

その子は、マクロビオティックには興味がなくて、先生のことも全然知らない。

そんな子に、

「私にはあんまり良さがわからなかったけど、とにかくすごい先生だから、
あなたの悩みには何か響くものがあるかもしれない」

カウンセリングの内容日程を伝えて、「とにかくお勧めするから!」と、受けてもらった。

 

たぶん、その子が受けてくれたのは、優しさからかな。
私のことを大事に思ってくれてたから、受けてくれたんだろうなって思う。

 

カウンセリングが終わった後、「どうだった?」って聞く前から、微妙な顔してた。

怒ったような、悲しいような、呆れたような、よくわからない顔。

「うーん・・・、うん。オオモリ(旧姓)が大事に思ってくれてるのは、よくわかった」

今思い返しても、頭を抱えるくらい、恥ずかしさとなんか
・・・「ああーッ」と叫びたくなるような想いがする((+_+))

その子から聞いた感想はそれだけで、
直接「余計なお世話だよ!」とか「宗教か!!」とも言われなかった分、胸に刺さって今も覚えてる。

だから、「嫌な想いさせたかな?」「お節介してごめん」とも言えないまま、

「あれ??あれ??なんか、思ってた(結末と)ちがう・・・」ってモヤモヤして焦ってた。

 

あれが、当時の私が考えられた「精一杯できること」だったから、やっとその後は、
「もうあとは、見守るしかない」って、やっと決めることができた。

本当は、最初からなにもしなくても良かったんだって、今ならわかるのだけど。
目一杯、安心して悲しませてあげれたら、良かったんだけど。

なんとかしなきゃ、助けなきゃ、このままじゃヤバイ、いなくなっちゃうかもって、焦ってた。

それくらい、私自身も、いっぱいいっぱいだったんだよね。
自分の中にいっぱい悲しさがあったから、人の悲しさを『なんとかしなきゃ』って焦ってた。

 

見守る、って、自分が陰に浸り切る経験がないと、難しい。

自分が「良い」と思ったものは他人も「良い」って思うだろうって、境界線が曖昧だったのもある。

私は、とってもとっても、未熟で焦ってた。

そんな自分を責める気はもうなくて、
「そうだったんだね、がんばったね」という気持ち、今は(;´Д`。

 

で、この経験を思い出したのが、今回のこの方のセッションでした。

最初はご本人様、後日ご家族様のセッションを申し込まれた。ちょっと今までにないパターン。

ご家族様は、私のことを一切ご存じないという、
「過去のパターン」をなぞった形で、びっくりした。

なので、
「ご本人様が受けて『良かった』と思っても、ご家族様の受け取り方はちがう。
どう受け取るかはその人次第。それが個性。
その人にとって『特に良くない』という言葉を聞いて、あなたがどう感じるか、が大事。
自分にはこう感じた、あなたは?という差異を伝えあう、認め合う、そんな場になればいいと思う」
とお伝えして、セッションを始めた。

 

私が勧めたセッションを受けてくれた友達は、周囲の評価が絶大に高くて、
ちょっとお人よし(だからこそ私と同居できたのかも)なくらい、「いい人」だった。
絶対陰口愚痴弱音を言わない、いつも笑って人や子供のお世話をする、怒った顔を見た来ない子。

一番身近で同居していた私が、初めて『距離』を感じた出来事。

それくらい、空気のように相手に合わせられる子だった。

たぶん、すごく勇気が要ることだったと思う。

ずっと後になって、
「あの時『良かったよ』とごまかしそうになったけど、
オオモリに悪いと思って、ほんとのこと言った」って、言われた。

でもまだ、言われた時は胸がグサッてしてた(笑)

今は、なんて愛されてるのかと( ;∀;)、誠実だなやっぱり、って尊敬する。

 

 

私にとってこの思い出は、
「余計なことしちゃった」「お節介」・・・「迷惑かけた」「失敗」とも思えていたのだけれど、

今回のセッションを通してまじまじと思い返してみれば、

うん、必要な経験だったなって、思える。

 

一つ一つの経験に、

どんな意味があるのかは、その時点ではわからない。

ずっとずっと後になって振り返ると、わかること。

その渦中は、ただ必死で自分の思いを感じ切る。それでいいんだと思う。

それが、後々「経験」になるんだと思う。

 

IMG_20170120_210519

 

役に立とうとするって、相手にとっては「私の理想の押し付け」になりかねない。

人の役に立ちたい、その気持ちをじっと見つめると、
「私、安心したいの!」が見えてくる。

 

「私の状態を良くしたい」と、
「相手を良くしたい(変えたい)」は、すっごくこんがらがりやすい。

 

だからいつも、問いかける。

「今の状態が良くなった時は、どんな気分?」

安心?解放感?豊かな気持ち?誇らしさ?

それを、日常生活でひと手間かけて、小さな一歩から自分に与えてあげればいい。

 

人にしてあげたいことが、本当は自分がして求めていることだったりする。

自分が求めていることと、人が欲していることを、混同しない。

そのために、いつも自分に問いかける。

 

「あなたは、どうしたいの?」

「今この瞬間、どんな機嫌でいたい?」

 
誰かを良くして(役に立って)、あなたが得たいもの(味わいたい気持ち)はなんだろう?

そこを見つめないと、いつまでもその『良くならない誰か』のせいで、その気持ちに辿り着けない。

それを、もう一度見つめてもらえたらいいな。

なんとなくわかったら、あとはその人は放っておいて、
自分でその気持ちを小さなところから、じゅんわ~~っと噛みしめる。これだけ。
もし不安でいっぱいなら、相手をどうこうする目的じゃなく、
ただただ「〇〇になるんじゃないかって、勝手に不安なのー(ToT)」と吐き出す。
吐き出した後、その人がどうするかは、その人次第。
ポイントは虚脱して頭が白くなるまで、吐き出すこと。吐き出した後は自分を、よしよしする。

それが、「Fast・Me」。

私も、今、日々その実験中。

 

私の中で「イタイな」って思ってた体験が、
息を吹き返してもう一度、意味を与えてあげられたようなセッションでした。

 

誰かを通して、私の中で「おかえり」が言える統合が進む。

 

 

 

 

* * * * お知らせ * * * *

 

記事の転載・シェアはご自由にどうぞ(^^)

 

【Facebook】
「いいね!」お願いします♪

 

【メールマガジン】
不定期配信。基本的には新月の日に配信します♪

 

【望診セッション】

電話・対面セッション受け付け中。
心と体の意図を知ると、「自分らしく」楽に生きれる♪
後日、体質に合わせたお手当レシピとアドバイスシートを郵送いたします。

 

【ゆるふわポンと、ひらくCall/Messenger】

悩みがなくても気軽に話そ♪
愛もご縁もお金も、受け取り放題美人になろう✨✨

メール、電話は応相談

90分¥10,000

 

【2月開講 望診法基礎講座】

1483772452710

陰陽の概念から人体の成り立ち、内臓の働き、
顔の内臓分布図や経絡など、「望診」の基礎をお伝えします。

【 日 程 】
第1回目 2017年2月19日(日)
第2回目 2017年3月19日(日)
第3回目 2017年4月16日(日)

【 時 間 】 10:00~16:00
(12:00~13:00は休憩時間です。)

【場所】株式会社 神戸サンセンタープラザ

 

【望診ミニセッション会】

【日 時】2017年2月23日(木)
【場 所】カフェテラスしゅう
【金 額】お一人様20分2,000円
【ご予約】10:00~10:30
10:30~11:00
11:00~11:30
11:30~12:00
【お申込み】お問合せフォームへご希望の時間帯をご記入の上お申し込みください。
Facebookページへのコメントも受け付けます。

 

【その後いかがですかお茶会】

53467792

【日 時】2017年2月15日(水)13:00~14:30
【場 所】カフェテラスしゅう
【金 額】お一人様1,500円(ドリンク、スイーツ代込み)
【お申込み】お問合せフォームへご希望の時間帯をご記入の上お申し込みください。
Facebookページへのコメントも受け付けます。

※できましたら、「〇〇の講座を受けました」「〇〇のイベントに参加しました」と、
いつお会いしたかを記して頂けたら幸いです。記憶がなくなってたらすみません。