調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

7月2日(日)春田先生とのコラボ講座第二弾【色と食の講座 cocomeal2017】

2017.06.12

 

芦屋心と体のクリニック院長、春田先生とのコラボ講座第二弾を、去年に引き続き、

7月2日(日)9:30~16:30 神戸駅付近で開催いたします☆

 

【色と食の講座 cocomeal2017】

 

IMG_20170602_082548

お申込みは、芦屋こころとからだのクリニックホームページの案内から、こちら申込用紙をダウンロードしてください↑

 
「こころの地図: 色調が教えてくれるこころの世界」を出版され、
さらに色とアロマと心と体と自然エネルギーのつながりを根拠に基づいて治療に取り入れる、
春田式生体エネルギー医学の世界はさらに奥深く、かつ実践的にパワーアップされています✨

 
春田先生のFacebookページより

IMG_20170602_082535

↑↑先生の記事は6日になってますが、2日(日)です。
 

IMG_20170612_142150

IMG_20170612_142133

 

私は、動物性食材は特に血・筋肉・骨神経系など、より肉体面に瞬発的に作用すると思っています。

植物性食材は、特に氣・精神面への長期的蓄積的作用が強く、氣の積み重ね(土台)がやがて肉体面の構築に関与していくと考えています。

なので、植物系食材の土台がなければ、動物性食材がうまくエネルギーとして昇華されず、
肉体面の淀みになったり、自然な昇華ではなく、痛みや激情などの爆発、として噴出してしまったり。

葉や実は人の先端である頭や手へ、根は人の根である足腰へ、胸肉は胸へ、モモ肉は太ももへ、吸着していく。

そんな、シンプルなお話しです(・∀・)

 
去年の開催から一年経ち、私自身、
思考と嗜好・食べ物と心身の共鳴について、より具体的にお伝えできるかと思います(^^)

誰かの言う「正しさ」より、
食事にしても、数ある食材や調理法から、体が教えてくれるものを選ぶことが自信になっていく。

その、選択幅をわかりやすく目に見える形で、春田先生はまとめておられます。

「なんでその食材に惹かれたのか」「まずいと思う物の位置」などから、自分自身やご家族の体や心の状態が把握できる。

「食」「食欲」「嗅覚・味覚」って、生き方に直結してるので、学ぶ=自分自身を見つめる作業になります。

楽しいですよ(*’▽’)

 
received_1395331340561532

 

前回は、二種の陰陽野菜スープを試飲して、味わいからご自身の体調を判断するっていうのをやってみましたが、
今回は、お野菜や調味料を持って行って、組み合わせてで味の変化を体感して頂こうと思っています。

食材や調味料の組み合わせて、味が変化するということは、
「自由に陰陽を調整できる」ということです✨

 

去年開催した講座の記事はこちら

「「色と食の講座」cocomeal」

「17日、ココミール講座のご報告 」

 

 
先生の講座は受講生も講座数も多く、告知は1ヶ月前にしているそうです!

「あ、いいなあ~」「気になる!」とピンと来た方は、なるべくお早目にお申込みください♡