調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

セミナー&ランチ会 中級編 終了のご報告

2013.02.21

こんにちは、癒食カウンセラーの大森まゆみです。
20日に【体質別養生法セミナー&ランチ会 中級編】を無事開催できました。
寒い中、遠くからお越し頂いた参加者の皆さま、本当にありがとうございました!

今回は【中級編】という事で、【初級編】と比べると小難しい話も多くなります。
初級編のご報告はコチラ

特に今回のテーマは、五行論を用いて「(自分で)分析してみる」。

陰陽論だけでも頭がいっぱいいっぱいなところに、五行で分析をするとなると…
皆さま「うーん、うーん」と頭を目いっぱい捻っておられた様子でした。
ですが、何名かの分析をデモンストレーションしてみたり、
お一人お一人の解説に回っていると、
「ああ、そうゆうことか!」「やっぱり…」と。


陰陽論(初級編)では、主に食べ物の心身への影響を大ざっぱに学ぶのですが、
五行論(中級編)が入ってくると、
内臓同士の関係性、エネルギーの転換、季節との関連など幅広い『ツナガリ』を学びます。

「今、目の前にある問題」
「表面に出現している症状」の治療で終わってしまうのでなく、
その裏側に隠れている原因の分析・治療に役立つのが『五行論』なのです。
また、五行論は人間関係や心のケアにも直結するツールでもあります。
五行を自由に使いこなせるようになると、かなり便利です。
ご参加下さった皆様、その後何かしらの変化があれば、また教えて下さいね!

さて、頭をフル回転させた後のお食事は、いつもよりもっと美味しく感じられます。
ランチメニューのテーマは「春ごはん」

お楽しみスイーツは
「かぼちゃのチーズ風たると」

デザートのタルト生地は、黒米・くるみ・玄米で作ってあり、びっくりな食感でした!
美味しかった~。

 

ここでいくつか、ご参加頂いた皆様からのお声をご紹介します。

「未病の様な症状が、食事などでよくなるといいなあとか、望診法もすごく興味がありました。食べることがストレートに体調に出てくるんだと改めて感じて、もっと学んでみたいと思いました。カチコチになって取り組むのではなく、そういえば…とさり気なく出来るように知識を得て、使えるようになれたらすてきだなあと思いました」(M・Tさん)

「五行に興味があり、健康に気を使っています。自分の“冷え”や塩気が好きな理由が解って、驚いた。体力に自信がないので“食”にも意識を向けていきたい。春になるとかゆくなるので、食材に気をつけようと思いました。ありがとうございました」(S・Nさん)

「陰陽五行について知り、自身の生活に活かしたい。自身の体調不良があり、なんとかしたいと思ったので参加しました。五行の考え方が今までよく解りませんでした。今回なんとなく見方が解ったので大変有意義で面白かったです。是非実践を深めたいので、よろしくお願いします」(中谷佐緒里様:ヨガインストラクター)

皆さま、嬉しいお声をありがとうございました!

さて、次回は6月12日(水)が【上級編】です。
上級編は【初級】【中級】どちらか受講して頂いた方のみ、のご参加と限っております。
また、事前に当日までの1週間(6月5日~)食事日誌をつけて来て頂く課題を出しています。
自分自身の体や心とじっくり向き合う1週間にして頂ければ幸いです。

その前には、
3月14日(木)【初級編】
4月18日(木)【中級編】もございます。
どうぞ皆様、お気軽にご参加下さい。