調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

骨盤底臓器(排泄物)と心と運氣について

2017.08.08

 

今日は骨盤底の臓器と運氣の流れについて。

 

天運(陽気)は頭頂部の百会に当たっておでこを伝い、
顔面正面を下って呼吸を介して体内に入り、
脳神経系を活性化させたり臓器を温めながら体内を下って肛門と生殖器の間を通り抜け体表面へ、
今度は地運と結合して第一~第七チャクラの各種臓器と手足を活性化させながら頭上まで昇り詰めます。

 

Print

 

「天運」とは生まれ持った運(ご先祖や目に見えない存在からの加護)や決まっている宿命、
「地運」とは生活環境・過去の行いや積み重ねて来た想いによって培う運命、などと言われています。

地運は食べ物や飲み物などを通して口から摂るものとも言われていますが、
「運氣」という氣の流れとして、常に流れているものとして私は捉えます。

 

手相で言うところの右手(その人が実際に生きてきた道筋)と左手(もともと持っていたシナリオ)のちがいかな、と私は解釈しています。
右手と左手の手相が極端にちがうと、
その人のもともと持っている素質とかけ離れた人生を歩んでいる可能性があり、
自分の意思で楽しく生きていても、「けっこう(波乱万丈で)大変だった」と言われる方も多いです(善い悪いでなくただの嗜好)。

 

天運と地運の流れを体と人相に当て嵌めて考えると、
人相学ではおでこの輝きや艶、広さ、形は初年運(親や目上からの引き立て)を現し、
職業(天性の素質)・性格・直感や本能・総合運などを観る場所に当たり、
金運・住居運・恋愛運など、具体的運気・物質エネルギーに≪なる前≫の運気状態を観る部位です。

中でも大事な部分は眉間です。

眉間は生命維持の中核である視床下部が奥に位置しており、人体急所の一つである由縁です。
人相学では印堂(希望宮)とも言われ、運勢判断においても鑑定の急所とされます。

 

望診顔

 

地運は生まれてからこれまで積み上げてきた具体的な物質的エネルギー、
よりその人の生々しく現実的なエネルギーとして表されます。

天運がおでこから鼻筋・顎に向かって下ってくるにつれて、
初めは「総合運」というあやふやな捉え方だったものが、
顔の下へ向かうにつれて人間関係や住環境・金運・子孫など具体的な運気を示していくように、
運氣は下側になるほどグラウンディング的な状況を示します。

顔の下側は体の中で言えば骨盤底。
骨盤内臓器の状態が顔に反映されますから、
骨盤内に収まっている排泄臓器(膀胱・生殖器・大腸)をいかに活性化させるかが、
「今の自分」の物質的エネルギーの活性化につながるわけです。

 

骨盤内から排泄されるもの(尿・便・血・おりもの・精液)は、もともと内臓の一部だったもの。

量・出方・匂い・色・粘度・潤い具合・・・

『今日はどうかな?』という意識と、
『いつもと違うな』という時に『最近、どんな生活してた?』って、
体の意図を知ろうとする姿勢やケアをする手間暇が、自分へのご奉納とお賽銭だと思うのです。

意識こそ、力学。細胞を動かす原動エネルギー。

 

img1501734820576

子どものウンコやおしっこは大事な体調のバロメーターですもんね。

 

頭が真っ白になる時、地に足が着いていないように。

いっぱい笑って泣いたらうんこがたくさん出るように。

心を殺していたら骨盤や子宮が縮み込んで痛むように。

生理・妊娠・出産・更年期、女性はホルモンバランスの乱れでたびたびクライシスに陥るけれど、
破壊するたびに新しい自分になれる。
破壊するのは己の価値観♪ 毎月毎月、低温期から高温期に入る度、自由度があがる。

 

内臓は感情の塊。

 

感情を生かせば表情が変わる。

 

表情が変われば観相が変わります。

 

何より、噴き出て来る感情は自分のものじゃない可能性だってある。

ご先祖さまや親から受け継いだ家系の想い(課題)かもしれない。

昇華させるって、余すことなく心を産む(表現)こと。

「泣いちゃダメ」「耐えるべき」って罪悪感が、受け継がれてきた心の鎖で腐りだとしたら?

 

おでこは初年運を表していましたが、
顔の中部=中年期の運勢、顔の下部=晩年期というように、
体も晩年の体力を支えてくれるのは下腹部や足腰の強さが要。

(足腰が弱る→血流の下肢停滞→冷え→臓器や神経系の不調、筋力の衰え→転倒・失禁→・静脈瘤→Lifestyleの崩れetc)

晩年の健康のために今始めるべきは、今日のうんこの観察からです(*^▽^*)

 

 

余談ですが、

「気」と「氣」は意味がちがうそうです。

上の部分は「湧き上がる雲の象形(上昇気流)」、中はもともと「米」で非常に小さい物を現し、『水蒸気』を意味した文字。

略語化された『気』では中が「〆」で締まっており、本来の『氣』は「米」(八方に拡散・拡がっていく様)を表します。

氣はのびのびと湧き立つ方が流れ良いので、私はなるべく『氣』を使っています(^^)

 

頭の先は天運(陽気)の入り口であり地運の出口でもあり、
骨盤底は天運の出口であり地運(陰気)の入り口になります。

 

 

 

 

* * * お知らせ * * * *

 

「お♪」って思った記事のシェアお願いします♡
メッセージやご質問も気軽に頂けると嬉しいです(*´▽`*)

→ お問合せフォーム http://credoland.jp/contact/

 

img1500608207565

CREDOの【Facebook】ページに「いいね!」お願いします♡

米澤万由美個人ページにもお友達申請歓迎中です♪

 

【メールマガジン】

不定期配信中~、基本的には新月の日にお届けします✨

 

【望診セッション】

お顔や骨格・手相から内臓状態と運氣(素質)をお伝えします。
リピーターも大歓迎\(^o^)/✨「悩みはないけど話ししたい!」方もお気軽にどうぞ♪

o2048136513837833891

事前に手とお顔の写真を拝見して、望診・人相学的所見のレポートをお送りします。
セッション当日は質疑応答や所見の詳細についてお伝えします。

対面90分1万円(三木市・三宮)
スカイプセッション・LINEセッション90分5,000円

 

心と体をエネルギーで料理する【陰陽五行基礎講座】

~10月15日開講~
現役セラピスト・占い師さん(カウンセリング業)の方も多数受講して頂いた講座です。

20160724_104126

体の声を聴き始めると、人生の主役になる。
生き方が変わる、望診の基礎・心と体のエネルギー五行を学ぶ。
申し込まれた時から講座終了までの半年間、グループフォロー。

【 場 所 】 神戸サンセンタープラザ
住所 神戸市中央区三宮町2丁目11番1-604号 センタープラザ西館6階

全6回 126,000円(税込)
毎月第3日曜日10:00~16:00
神戸・三宮の中心「センタープラザ西館6階」

 

 

≪8月のイベント講座≫

【新月の“美運と健康を引き寄せる、顔読みプチ講座】

望診法と人相学を用いて、トラブルの原因と対策や運気アップのポイントをお一人ずつお答えします。

●日時:8月22日(火)10:00~12:00
●場所:三木パナホーム展示場
●参加費:2,000円・要予約

 

☆満席☆【こども望診~エネルギーバランスで観る体の声と心の食~】

お子様自身が対象の講座です。

顔に現れるお腹の中の状態、お通じやおしっこから読み取れること、手は心臓から生える、足はおちんちんの延長線etc
「自分について知る」と、もっと自分が好きになる・面白くなる!

●日時:8月25日(金)10:00~12:00
●場所:カフェテラスしゅう
●参加費:2,000円(保護者一人当たり、お子様何名連れでも同額)・要予約