調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

陰陽五行基礎講座 11月17日(月)開講につき生徒様募集開始のお知らせ。

2014.09.29

こんにちは、谷です。
今日は、11月に開講します陰陽五行基礎講座についてのお知らせです。

 

マクロビオティックや東洋医学の根幹を成す陰陽五行論。

体調不良の陰陽判断、
気候や生活環境に合わせた食事の五行調整法など、
日常へ活用するために知っておきたい基礎知識の講座です。

料理では立ち居振る舞い(包丁の持ち方やセッティング)からお伝えし、
マクロビオティックの中でもベーシックな養生食と日常食を作ります。

初めて学ぶ方や、本だけでは理解しにくい点があった方、
体質改善の具体策を知りたい方にお薦めです。

基本を習得していただく事を目的とした、全12回を半年間で受講いただくコースです。

 
2014年11月17日(月)スタート!

 

【 コース内容 】 全12回

料理内容 講義内容
1 養生食(デモンストレーション):玄米の炊き方、出汁のひき方、味噌汁、切干大根の煮物、りんご葛湯 レクレーション・グループカウンセリング
2 養生食:玄米ごはんとコンディメント、季節の味噌汁、小豆南瓜、豆乳汁粉 陰陽論① 陰陽のバランスと極性について
3 養生食:土鍋で炊く玄米ごはん、甘い野菜のスープ、小松菜とあらめのお浸し、もち粟リンゴ 陰陽論② 調理法と食材の陰陽マトリクス
4 養生食(デモンストレーション):梅醤番茶、第一大根湯、第二大根湯、人参大根ドリンク、ゴマ塩 五行論① 陰陽五行論の概念
5 養生スイーツ: 玄米プディング、オートミールリンゴ、豆腐クリーム 低血糖症と病気の関係性
6 講義:メニュープランニング・タイムスケジュールの立て方 五行論② 望診法基礎論
7 五季の日常食一汁一菜とお手当て:春
春キャベツのちらし寿司、梅と海苔のスープ、テンペのカツ、きのこの甘酢あんかけ、生姜湿布
五季の養生法・解剖生理・望診法など:春(肝臓・胆のう)
8 五季の日常食一汁一菜:夏
ボイルドライス、トマトの冷製クリアスープ、ベジミートの唐揚げ、ビタミンソテー
五季の養生法・解剖生理・望診法など:夏(心臓・小腸)
9 五季の日常食一汁一菜とスイーツ:晩夏
粥の作り方(土鍋)、白花豆のポタージュ、ひじきと厚揚げの煮物、人参とリンゴのゼリー
五季の養生法・解剖生理・望診法など:晩夏(胃・膵臓・脾臓)
10 五季の日常食一汁一菜とお手当てドリンク:秋
五目炊き込みごはん、金平の味噌汁、車麩のカツ、レンコン湯
五季の養生法・解剖生理・望診法など:秋(肺・大腸)
11 五季の日常食一汁一菜とスイーツ:冬
粒そば粥、時雨味噌、雪鍋、黒ゴマ汁粉
五季の養生法・解剖生理・望診法など:冬(腎臓・膀胱・生殖器)
12 パーティーメニュー
玄米パエリア、ひよこ豆とキャベツのスープ、茹で野菜のサラダ くるみ味噌ドレッシング
陰陽五行論総論・振り返り

※6回目の昼食は、午前午後共に講義の為、軽食を用意します。

※メニューは、食材の入荷状況により変更する場合があります。

 

【 時 間 】 10:00~15:00

実習・試食 10:00~13:00 / 講義 13:00~15:00

 

【 定 員 】 6名様

 

【 受講料 】 155,520円(材料費、テキスト代、税込み)

 

【 日 程 】 
第1回目:11月17日 第2回目:12月日 第3回目:12月15日 第4回目:1月5日
第5回目:1月19日 第6回目:2月2日 第7回目:2月16日 第8回目:3月2日
第9回目:3月16日 第10回目:4月6日 第11回目:4月20日 第12回目:5月18日

 

 

 

お申し込み方法など詳しくは、陰陽五行基礎講座のページをご覧ください。

 

本コースについての説明会を随時実施致します。
下記よりご希望の日程をご予約くださいませ。

月曜日の15:30~16:30
火曜日~木曜日の15:00~16:00

※前日までのご予約をお願い致します。

 

ご予約・お問い合わせ tel. 070-6925-9010
インターネットで問い合わせ