調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

真逆の極性体質に転換する危ない食事療法

2017.09.27

 

いろんな養生法にも陰陽があります。

陰性の食事療法は主にアメリカやヨーロッパで生まれ、肉食過多や極陽思考を緩和する作用があります。

陽性な食事療法はダイエット、虚弱体質を改善する食事療法として生まれています。

 
新規ドキュメント 2017-09-27_1
 

これらを始めて半年ほどで、極性だった体と心がいったん中庸になり、元気になります。

本来、そこでいったん「飽き」が来ます。

元のライフスタイルへの揺り戻し時期でもありますが、
「飽きる」ことで体が「今後も自分にどれくらい必要なのか」「継続が必要なのか」を見極めようとする大事な期間になります。

 

元の食事や禁じていた物を摂り込んだ時の体のリアクション、許容量を丁寧に見つめ、

どんな時にそれら極端な刺激が必要となるのか、
どの程度のお付き合いをしていくか、
体質改善に必要だったお手当や食事療法を、今後どの程度取り入れていくか、

中庸(元気)になった体と心で新しいバランスのとり方を探っていく時期です。

 

この時期(元気になった)を過ぎても元の食事療法を続けていくと、

陰性体質の方が陽性な食事療法で元気になった場合、さらに続けて今度は極陽性な体と心へ。

陽性体質の方が陰性な食事療法を続けた場合、いったん中庸になって今度は極陰な不調を発症。

体質が真逆へ転換し、療法を頑張っても頑張っても不調が続くケースがあります。

 

飽きていいです。

飽きるって、大事です。

飽きることで自分に戻って、細胞は休憩しています。

脾系の再考・全体調整の力が働いている証拠です。

 

 

本当に大事なのは、食事でも物でも人間関係でも、

『これまでは必要だった』『自分を支えてくれた』から今も大事に抱え込むことでなく、

 

「今のわたしに必要なエネルギーは何か」を常に探っていくことだと思うのです。

 

 

 

 

* * * お知らせ * * * *

 

面白かったら記事のシェアお願いします♡
メッセージやご質問も頂けると嬉しいです(*´▽`*)

→ お問合せフォーム http://credoland.jp/contact/

 

【Facebook】ページに「いいね!」もお願いします。

米澤万由美個人にもお友達申請歓迎中です(^^)

◆まゆみの庭オンライン

IMG_20170911_144501

LINEのグループトーク機能を使った、オンライン無料グループセッションです。
ご登録頂くと、【まゆみの庭】にご招待します。

9月末の土日に開催予定です。

 

【メールマガジン】

不定期配信、基本的には新月の日にお届けします

 

【望診セッション】

お顔や骨格・手相から内臓状態と運氣(素質)をお伝えします。

o2048136513837833891

事前に手とお顔の写真を拝見して、望診・人相学的所見のレポートをお送りします。
『勉強したい』方へ、事前に必要テキストを送信しますので対面学習にも応対できます。

・対面90分1万円(三木市・三宮)
・スカイプセッション・LINEセッション90分6,000円

 

 

 

【夢を叶える心と体の陰陽五行基礎講座】

~10月15日開講~

20160724_104126

「自分らしさ」を再確認する講座、望診の基礎・心と体のエネルギー五行を学び実践します。
申し込まれた時から講座終了までの半年間、グループフォロー。

○全6回 126,000円→55,000円(税込)
○オンラインも可能(テキスト郵送後1講座を月2回に分けてSkypeレッスン)
○毎月第3日曜日10:00~16:00
神戸・三宮の中心「センタープラザ西館6階」