調和の流れを学ぶ ひとつがすべてへ すべてはひとつへ credo

心と臓器と氣の流れ:「ときめき」は進化の時

2017.09.07

 

心(行動)の源である体の内側に流れる情動エネルギーの考察です。

 

情動(衝動)=細胞の振動が思考と結びついて喜怒哀楽など感情になり、心(行動)に至ると考えています。
思考は湧き上がって来たエネルギーと似た言葉を探し出し、
体の感覚に「名前(回答)」をつけて脳をスッキリさせ、バイブレーションを昇華させようとする。

この考えで行くと、
例えば何かが起きたから「イライラする」んじゃなく、
ただ情動が噴火するべくタイミング(噴火=体温上昇・免疫細胞活性・浄化開運etc)で、事を起こしてくれる「着火剤」に出会えたってこと。

 

体に必要な「着火剤」に仕立てられる人は、たいてい、パートナー。

体が求める着火すべきタイミングなら、いくら心を鎮静化しても、何度もタイミングは巡ってくる。

共鳴して惹かれ合った相手を通して命を燃やし、私たちは進化する。

 

 

木火土金水-五行で「火」を司る心臓(小腸=脳)は、

クレド五行表

四方八方に火花を散らせ大音響を轟かす花火のように、一瞬一瞬を駆け抜けて生きる臓器。

「着火する」には、この心臓の火花力が必要です。

 

火は周囲を温かく明るく照らし、
木を灰へ、金属を変形させ、氷を溶かし水を蒸発させるなど、物事を次の段階へ変化変容させる強い力を持ちます。

心臓も小腸もどちらも猛スピードな血流を受け、
高温環境で細胞の入れ替わり周期も早く、がん細胞も発生しにくい臓器として有名です。

短期間で生まれ変わる臓器なので、
これまでの自分から「生まれ変わりたい」時、体内ではこれらの臓器がサポートしてくれています。

 

「腸脳相関」「心臓血管血流障害=脳の機能障害」と言うように、
赤道二周半の全身血管を通じて、思考と細胞は通じ合っています。

心臓のドックンドックンという拍動は、血管を通じて体の末端細部にまで轟くビートです。
 
無意識に、このビートによって呼吸リズム・喋るリズム・思考や行動のテンポが変化します。
(不整脈をお持ちの方では時に、喋るリズムに「欠滞」がみられます。)

 

心の作用から見ると、
「木」-物事の始まりの時、肝臓の力で作った企画計画(TODO)を、
実際にテンポよく次々と実行していく軽やかさ・段取り・判断力(柔軟性)が心臓・小腸の担当です。

「実行している楽しさ」「没頭する愉悦」を味わう臓器です。

以前、骨盤底器官の五行で「陰茎・陰核は心臓と直結」とまとめていましたが、
バイブレーションを昇華させ次へ向かわせる力を持っています。

なので、感情表現がしにくい・体温が上がらない方は、
このハートチャクラや血流の話題から、
「人生を楽しんでいるか?」「何が好き?」という問いが常に上がります。

 

血管が硬いと血圧が高くなります。
血圧が高くなって一番負担が増すのは、
脳や眼球、腎臓など、微小な血管が集中し、酸素や栄養を貪食する臓器です。
 
血管の柔軟性が失われると、それら臓器への血流が滞り酸欠・栄養不足になります。
目が濁り、判断力が失われ、腎臓のグラウンディング力が弱くなり足元がグラグラに。

心臓は身体末端からのフィードバックで、さらに血圧を高め心拍を頻回にしますが、
そうなると全身の細胞に轟くビートが緊迫切迫し、全身が戦闘(逃亡)モードになり硬化していきます。
 
 

マクロビオティック望診の世界では、
「血管の硬化は関節・体の硬さや脳の硬さ(世界観)に通じている」、とされます。
  
 

大人になるにつれて体も血管も概念も徐々に硬くなりがちですが、
それでも、飲酒や入浴、マッサージ、数回咀嚼したり体を撫で擦る、
本音を認めて泣く・怒る・笑うetc
小さな子どのように素直になると、体が、表情が、心が、血管がまたふわっと柔らかくなります。

 

また、一瞬で物事の明暗をハッキリ決める「火花」的な性質も持ちます。

肝臓系の方と同様に情熱的なのですが、肝臓系の方は一定量ため込み、けっこう時間をかけて吟味します。

それに比べると心系の方は一瞬の見極めが鋭く、
除外した選択肢はそもそも意識からなくる質なので、決めた後に後悔や迷いは基本ありません。

子どものように「今」しかない。

段取り良くリズミカルに実行したいので、基本的には単独行動を好まれます。

自分のやりたい欲求が一瞬で燃え上がるので、あんまり他人の動向を意識してません。

 

セミナーでは一目散に一番前の席へ座り、旅行は未開な場所へ一人行きたがる。

飄々とマイペースで柔軟なユーモラス、世間が広く言動がスマートです。

マイペースは欲求・行動力が素晴らしいからこそ。

故に、その激しさが血管の硬化で柔軟性が失われると、
相手へのコントロールへ変わってしまうし、時に虚脱症状も出ます。

心臓が収縮する力をなくし空拍動すように、虚ろな一人笑いや独り言が増えたり。
ひとりで行動できないし、かといって誰かと何かする気になれず、
一人で籠ってしまい、孤独感だけが溜まってしまうことも。

「具体的な行動で楽しむ」という「生きている実感」よりも、
妄想の世界で頭(思考)を空回りさせ、体が置いてけぼりになっています。

 
 

「火」の料理とは、まさに中華料理です。

直火や高温の揚げ油で食材に「花火を打ち込む」ような、激しい衝撃を与えます。

この衝撃が食事を介して人体に入ると、情動エネルギーを火花のように爆発させます。

過去から抑圧して来た想いや秘密を排出したり、昔からやりたかったことへの挑戦など、
内に閉じこもった世界に振動を与え、爆発させる力になります。
 
・水平線が見える空高い場所に出向く
・日光浴や満月の夜の月光浴
・南国や南半球への旅行、海水浴
・香辛料やフレッシュハーブを使ったお茶、カカオ系のドリンク
・打ち上げ花火や和太鼓を間近で見て振動音をお腹に響かせる
・ローズやゼラニウム、イランイランなど濃い花の香り
・廊下や階段など通路スペースの整理整頓、暮らしやすい動線作り
→住環境のエネルギー通路は血の巡りに反映され、スマートな暮らしは自然と段取り力を高めます。
 
「火花散る」ように、突発的な恋や遊び心がスパークする夏は、心臓の生理的作用です。

恋心も寂しさも、心臓にとっては全身に血を巡らせ、新陳代謝を上げ腸内を温め免疫を上げ粘膜を潤わせる材料になります。

「つける薬がない」と言われる恋の病は、たぶん一番命を輝かせているはず。

 

 

img1504410170796

 

何かに出会った「ときめき」で、人は生まれ変わるんじゃないかな?

 

冒頭の「体(情動)→着火剤を引き寄せる」的な考え方でいくと、

妙に気になったり、何度も目に耳に着くものはすべて、体がときめいている可能性がある。

 

それが「今の思考」ではどんなに無益でくだらないように思えても。 

必要なら、ちゃんと何度も出会う。

 

 

 

 

* * * お知らせ * * * *

 

面白かったら記事のシェアお願いします♡
メッセージやご質問も頂けると嬉しいです(*´▽`*)

→ お問合せフォーム http://credoland.jp/contact/

 

【Facebook】ページに「いいね!」もお願いします。

米澤万由美個人にもお友達申請歓迎中です(^^)

◆まゆみの庭オンライン
LINEのグループトーク機能を使った、オンライン無料グループセッションです。
お友達登録頂いたら、「まゆみの庭グループ」へへご招待します。
 

【メールマガジン】

不定期配信、基本的には新月の日にお届けします

 

【望診セッション】

お顔や骨格・手相から内臓状態と運氣(素質)をお伝えします。

o2048136513837833891

事前に手とお顔の写真を拝見して、望診・人相学的所見のレポートをお送りします。
『勉強したい』方へ、事前に必要テキストを送信しますので対面学習にも応対できます。

・対面90分1万円(三木市・三宮)
・スカイプセッション・LINEセッション90分6,000円

 

 

【まゆみとお茶会】

img1504410049204 (1)

心の戦争を終わらせて、素でいこ~♪
「そんなんじゃダメだ」という内なる声との融合ポイント☆

・9月18日(火)13:30~15:00
・神戸三宮(紅茶専門店か神戸スイーツ店か迷い中)
・お一人様2,000円(飲食代別)

 
 

【夢を叶える心と体の陰陽五行基礎講座】

~10月15日開講~

20160724_104126

「自分らしさ」を再確認する講座、望診の基礎・心と体のエネルギー五行を学び実践します。
申し込まれた時から講座終了までの半年間、グループフォロー。

○全6回 126,000円→55,000円(税込)
○オンラインも可能(テキスト郵送後1講座を月2回に分けてSkypeレッスン)
○毎月第3日曜日10:00~16:00
神戸・三宮の中心「センタープラザ西館6階」